appli02_red

クラウドファンディング」に対して、どのようなイメージを持っていますか?

辞書的な意味で言えば、不特定多数の人がインターネット経由で資金援助を行う行為
いうことになりますが、募金のように見返りを全く期待せずに資金援助を行う「寄付型」
や、一般的な投資活動と同じように配当や未公開株などの提供を期待する「投資型」が
有名です。

しかし、クラウドファンディングには「購入型」という手法もあります。

購入型は、何らかの権利や物品を購入することで資金援助を行うという手法であって、
通常の商業活動との違いがわかりにくい部分もありますが、先に資金集めを行った上で
希望する金額が集まらなかった際には、全額返金されて募集は停止されるという点で、
普通に生産して販売するよりも、在庫や損失など、販売側のリスクが低い点がメリット
です。

募集が成立しなかった場合には、出資者に返金されますので、金銭面でのリスクはあり
ません。

この「購入型」クラウドファンディングを有効活用することで、低リスクでの商品開発
やサービス提供が行えるだけでなく、広告や宣伝などのマーケティングをしなくても、
購入者・出資者リストが実質無料で手に入ります。

一方、クラウドファンディングで募集をかけても、全員が希望する金額を集められると
は限りません。

ボッタクリのような募集に手を出す人はいませんし、募集金額が高くなるに従って成立
させるのは難しくなる一方です。

また、募集の仕方次第で、クラウドファンディングが成立するかどうかが決まる場合も
少なくありません。

募集が成立しなければ、すべて「絵に描いた餅」で終わります。

そこで、クラウドファンディングコンサルタントの奥脇真人さんが100~500万円
規模の「購入型」クラウドファンディング募集をスムーズに成立させるために、どこに
気をつければいいのか
をまとめたマニュアル「クラウドファンディング攻略法」を公開
しました。

中小企業経営者や個人事業主こそ、クラウドファンディング攻略法を役立てて欲しい
奥脇さんは言います。

s-check2-2