appli02_red

動画でセールスやマーケティングを行うことが、すっかり一般的になりました。
あなたも動画を作成してYouTubeなどにアップロードしているかもしれません。

お金をかけずに動画を作成することが簡単になりましたし、回線速度の高速化によって
従来であれば見ることすらできなかった動画が簡単に見られるようになったというイン
フラ面の進化も大きいです。

このように動画を使ったマーケティングが急激に成長していることから、動画を作った
だけで稼ぐことができるといった、バブルにも近い状況が続いています。

YouTuberなどは動画の再生自体で収益を得るビジネスモデルですが、YouTubeで稼ぐ
こと自体が難しくなっていますし、YouTubeから外部サイトに移動させてマネタイズを
することもできますので、集客装置として活用してもいいでしょう。

動画マーケティングで成功するために欠かせない要素の一つがオープニングです。

Webサイトを開いた際に、気に入らなければ、数秒でブラウザを閉じたり前のページに
戻ることが珍しくありませんが、動画でも同じ指摘がされています。

つまり、動画を再生して、最初の10秒程度で中身に不満を感じたら、再生を停止して
別の動画を見ようとするという傾向
が見られます。

せっかく動画を作り込んだとしても、最初の10秒程度でのつかみが悪いために、再生
されないというのはもったいないですよね。

そこで、インフォセブンの酒匂敏郎さんは音楽効果をオープニングに入れることを推奨
しています。

音楽が人の感情に影響を与えるものであることはコマーシャルなどを作成している広告
業者であれば嫌というほど実感していますので、必ずといっていいほど、インパクトの
ある音をCMの最初に入れています。

しかし、動画マーケティングに取り組むにあたり、どのような音楽効果を用いればいい
のかわからないですよね。

そこで役立つのが「パワーエフェクトサウンドプロモーションパッケージ」です。

104種類の音声が収録されています。
著作権などを気に必要はなく、あなたの動画の中で自由に使えます。

s-check2-2