appli02_red

アフィリエイトで稼ぎたい
と思ったら、売らないことには話になりません。

無料オファーや無料ダウンロード、無料申込など、購入以外の方法でもアフィリ報酬が
発生する案件は存在しますが、高額報酬が狙える案件で金銭的負担がかからない案件と
なると、対象者が非常に少ないことから激しい争奪戦になることが一般的です。

医師などの限られた職業の転職支援サービス申込や投資関連、不動産売却などですから
少ない需要に対して、多くのアフィリエイターが一攫千金を目指して参入している状況
では難しく感じるのは当然でしょう。

むしろ、ショッピングや定期購入などを狙った方が、労力の割に大きなアフィリ報酬が
得られる場合が多いですし、毎月7桁、8桁と稼ぎ続けるトップアフィリエイターも、
いくつかの商品からのアフィリ報酬で月数十件、数百件と成約している場合が大半です。

アド広告やメルマガ、SNS、動画などで集客する人も増えていますが、いまだに現役で
稼ぎ続けているのが、Webサイトやブログで検索エンジンから集客するサイトアフィリ
です。

しかし、サイトアフィリに取り組むにあたって、サイトデザインと同様に頭を悩ませる
のがコンテンツの内容ではないでしょうか。

パソコンよりもスマホからのアクセスが増えていることもあって、サイトデザインでの
差別化はしづらくなっているのが実情です。

パソコン向けには、スクロールと連動したギミックやシームレスな画面遷移、埋め込み
動画、フラットデザインからの脱出など、さまざまなデザイン要素が使えますが、モバ
イル向けで演出をしすぎると、狭い液晶画面では見えづらくて仕方がないですから必要
最小限のデザインに絞り込んで、コンテンツを見やすくするのが限度です。

特にアフィリサイトの場合は、デザインに凝りすぎると、コンテンツを作成する時間が
不十分になりかねません。

それでは、どのようなコンテンツを用意すれば、アフィリエイトの成約率を高めること
ができるのでしょうか?

アフィリエイターの「にぽり」さんは、100個、200個とサイトを作っては廃棄を
するという繰り返しで、試行錯誤を重ねてきたといいますが、ようやく納得できるもの
ができるようになったことで、うなぎ登りに実績が伴うようになったといいます。

最も重要なポイントが、全てのページで「売り込まない」ことです。

売り込むページがなければアフィリエイトは成り立ちませんが、一本調子にあれもこれ
もいいとやっていたら、とてもじゃないですが信用されません。

売らないサイトの設計図」に従ってアフィリサイトを作ってみてください。

s-check2-2