appli02_red

転売/せどりをするにあたり、どのように取り組むのかは人によって大きく変わります。

プロフィットせどり2」作者の田辺和久さんは、いままで一貫して古本しか転売して
いませんし、「カメラ・レンズ転売バイブル」や「レンズ転売セミナー」作者の「田代
涼平」こと喜多良助さんや、「カメラ転売 EXPANDER TEXT」や「カメラ転売Revival
book
」作者の「やまと」さんなどは、中古カメラ転売を中心に取り組んでいます。

自らの得意分野だけでも、専業せどらーとして生計を立てられるほどに稼いでいる人が
少なくありませんが、堀場卓矢さんは中古CDのみで生計を立てています。

中古CDの転売というと、店舗仕入れをイメージするかもしれませんが、堀場さんの場合
は、ヤフオクだけを使った電脳せどりで生計を立てているといったら驚くのではないで
しょうか。

ヤフオクを使った電脳せどりというと、「次世代型せどり転売メゾット」(せどりイン
サイダー)のように、プレミアCDを独占販売する手法を思い浮かべるかもしれませんが
堀場さんが提唱する中古CD転売方法は違います。

捨て値で「まとめ売り」されている中古CDをヤフオクで仕入れて、一工夫することで、
仕入れ値よりも遥かに高い価格で落札されるように仕向ける方法です。

このため、利益率が65~75%と非常に高いのが魅力的です。

この堀場さんが考案した電脳せどり手法をマニュアルにまとめたのが「ヤフオクCD転売
パーフェクトマニュアル
」です。

ヤフオクCD転売パーフェクトマニュアルでは、以下の3つの手法を紹介しています。

  • 単品売り
  • セット売り
  • まとめ売り

いずれの方法も簡単にイメージできるでしょうし、マニュアルなんか読まなくても簡単に
実践できそうな感じですよね。

しかし、優れたノウハウを持たずに、セット化できそう、まとめて売れそうなどといった
雰囲気だけで出品しても、なかなか落札されませんし、安値で落札されてしまいます。

誰でもできそうな手法であるにも関わらず、大きな差が生まれるポイントが分かります。

s-check2-2