appli02_red

同じように施術をしているはずなのに、人によって結果が違うことは決して珍しくあり
ません。

施術を受ける側の人の体調や体質、身体的な特徴などによって結果が違うのは当然です
が、同じ人に対して同じように施術をしても、結果に個人差が出るケースも珍しくない
ものです。

あなたも今までに経験したことがあるかもしれません。

栃木県宇都宮市で熊坂武術院を経営していた(現在は閉鎖)という柔道整復師の熊坂護
さんは、江戸時代に会津藩に伝承された古式の整体技法「会津古伝整体術」の伝承者と
して、他の治療院や整体院などで改善しない人々を相手に施術を行っていました。

会津古伝整体術(関節整復法)の特徴は、X線やMRIにも写らないわずかな関節のズレ
(亜脱臼)をミリ単位で修復していく
という点ですが、関節のズレを治すことによって
関節の痛みは非常に早く回復させています。

この会津古伝整体術を習得することで、あなたが今まで改善させることができなかった
患者さんを良くしたり、これから整体などを身につけるのであれば、十分に役立つ技術
だと熊坂さんは断言します。

しかし、会津古伝整体術をマスターするのは簡単ではありません。

テキストを読んで練習をすれば身につけられるような簡単なものではなく、職人技です
から、技を盗むようにして修業を重ねないと身につけられません。

熊坂さんが会津古伝整体術を習得する際は、師匠の渡辺一先生について10年間の修業
でようやく一人前に行えるレベルに到達できたといいますから、なかなか大変なことが
わかるのではないでしょうか?

しかし、熊坂さんが修行をしていた頃は、指導者から教わるなんてとんでもないという
時代でしたから、すべて自分で見て技を盗んでいたわけですが、熊坂さんは同じような
指導法を押し付けるのではなく、わからない部分があれば質問すれば全て答えるという
スタンスで後進の指導にあたっています。

また、今は動画と言う文明の利器がありますので、師匠が施術をする際に見て学習する
だけでなく、何度でも繰り返し見直すことで効率よく学習ができるというのも、大きな
違いと言えます。

これらの文明の利器を有効活用することで、今までは師匠について泊まり込みで修行を
しなければ身につけられなかった「会津古伝整体術」が、なんとオンライン通信講座で
マスターできる時代
になりました。

それが「​会津古伝整体塾」です。

s-check2-2