appli02_red

プロダクトローンチを仕掛けるにあたってはリストが必要になるわけですが、獲得コスト
は高騰する一方です。

リストを獲得するために、無料オファーなどを仕掛けても成果が乏しくなる一方で、作業
を代行してもらうアフィリエイターなどに支払う報酬は高騰し続けていますので、費用対
効果は悪くなるばかりです。

その上、高額報酬を目当てに不法行為をしてでも掠め取ろうとする悪徳アフィリエイター
も増えていますので、状況は悪化し続ける一方です。

それにも関わらず、高額のコストを掛けて取得したリストの価値が目減りしているという
皮肉な現実が待ち構えています。

獲得したリストに対してステップメールを送っても、メールサーバーでスパム判定をして
受信拒否をするケースが増えていますし、相手のメールボックスに送信できても、今度は
メールソフトの迷惑メールフォルダに入ってしまって全く読まれないというケースが続出
しています。

その結果、反応率は悪化し続けて、プロダクトローンチが失敗に終わるケースが続出する
という厳しい時代を迎えています。

田窪洋士さんといえば、一昔前は携帯アフィリエイトの情報販売をしていましたし、その
前は情報商材レビューサイトを運営していたと思いますが、現在はプロダクトローンチの
コンサルティングや教育などを積極的に行っています。

この田窪さんが、プロダクトローンチを効果的にするために必要なのはメールアドレスの
リストではなくLINEアカウント
だというのです。

ある調査によると、メールを1通送信した場合の開封率は、わずか3%しかなかったのに
対して、LINE@からLINEアカウントに同じ内容のメッセージを送信した場合の開封率は
メールの場合の20倍の60%にも上がることが明らかになっています。

全てのケースで開封率が20倍になるとは限りませんが、メールよりLINEのほうが効果
なことがわかるのではないでしょうか。

開封率が上がってくれば、反応率や成約率が全く変わらなくても、件数は激増しますので
売上や利益は一気に増えますし、従来は赤字だったものでも黒字化が可能な場合が増えて
きます。

実際に、これまで田窪さんが携わってきたプロジェクトの中で、赤字だったものが一気に
黒字化したケースは決して少なくありません。

この田窪さんが行っているLINEを用いたプロダクトローンチの方法論を好きな時に学習
できる教材が「動画で学ぶLINEプロダクトローンチの始め方」です。

1日あれば一通り学べるボリュームですが、その内容は数年程度は余裕で通用しますので
学ぶ価値は十分にあります。

s-check2-2