appli02_red

YouTubeで稼ぎ続けることが難しくなる一方です。

YouTubeアドセンスで収益化できる条件は厳しくなる一方ですし、マネタイズの手段を
アフィリエイトASPやステップメールを用いたDRMなど、YouTube以外の方法に求める
にしても、ライバルは増え続ける一方ですから、なかなか思い通りに行かずに挫折する
人が少なくありません。

あなたも苦労しているのではないでしょうか?

このような厳しい状況でも、今からスタートしてYouTubeで稼ぐことは可能だという
のは、谷川義男さんと小西和夫さんです。

それも、ハードルや監視が強まる一方のYouTubeアドセンスを使ってです。
いったい、どのようにしてYouTubeを使って稼ぐのでしょうか?

まず、YouTuberのように、顔出しをして面白おかしいことをする必要はありません。

既存のYouTuberのマネをしようと思っても、ネタ切れで終わるケースがほとんどですし
なによりも見ていて面白くないのでファンが増えませんので、再生回数も増えません。

また、テレビ番組等を無断でアップロードするなど、著作権侵害のグレーゾーンを狙う
いった、危なっかしいリスクを背負ってまで再生回数を稼ぐ必要もありません。

著作権違反動画が毎日のように大量にアップロードされていますので、YouTube側の削除
対応が追いついていないことを逆手に取って、再生回数を稼ごうとする人がいまだにいる
わけですが、YouTubeアドセンスの場合は優先的にチェックが入りますのでアカウント
凍結になるのは確実
です。

こんなことをしなくても、顔も声も出す必要がなく、完全匿名でYouTubeの審査をクリア
した動画を公開して、毎日のように再生回数をグングン伸ばすことは可能です。

時給換算で1万円を超える動画を作ることも可能だと小西さんは言います。
(1時間の作業で1万円以上になる動画を作成できるという意味)

ライバルが数多くいるので収益化が難しい、以下のような動画は一切作成しません。

  • テキストを動画にしただけのもの(ニュース系など)
  • ラジオ音源に画像などを付けただけの動画
  • まとめサイトの記事などを動画にしただけのもの

この具体的な手順をまとめたのが「YouTube Fixing Marketing」(YFM)です。

YFMでは、需要が旺盛な2種類のジャンルに特化した動画を作成します。
両方を取り組まなければいけないというわけではなく、どちらか一方だけで十分です。

動画作成ツールを持っていないという人でも、完全無料で使える専用の動画編集ソフトや
補助ツールを使いますので、追加の負担は一切ありません。

s-check2-2