appli02_red

転売などの物販ビジネスで重要なポイントは、以下の2点です。

  • 安く仕入れる
  • 高く売る

改めて説明するまでもない、当たり前すぎる話だと言えます。

しかし、転売をしている限りは、最安値で仕入れたいと思って、複数の店舗を回ったり
ネットショップを次々と調べたところで限界
があります。

ライバルよりも安く仕入れたくても、仕入元の店舗の価格が、これ以上、下がりようが
なければ手出しができません。

店舗仕入れでの限界を感じた人が、問屋で仕入れようと考えるのは珍しくもありません
が、「業者以外お断り」の問屋から仕入れないと、小売店で仕入れるのと値段的に変わ
らないケースがほとんどです。

転売業者だと名乗ったところで、問屋の担当者からは胡散臭そうに見られて取引自体を
断られる
ケースが珍しくありません。

また、新品商品の転売で増えているのが、出品規制です。

ヤフオクやメルカリと比べてamazonの方が厳しく、家電やアパレル、ホビーやCD、
DVDなどの出品が非常に難しくなっています。
今後も厳しくなっていく一方であることは確実でしょう。

コスメやサプリなども販売元が値崩れを防ぐ目的で次々と知的財産権の警告書を送って
いますし、販売サイトで「転売禁止」と明記するところも増えています。

そこで、株式会社トラストエフォートの布施優雅さんが推奨するのが、転売ではなく、
物販です。

既存の商品を小売店や問屋などから仕入れて転売するのではなく、メーカーと連携して
新たに製品を製造販売することで、独占的に扱えるだけでなく、ライバルがいないので
安定的に稼げるようになる
というわけです。

しかし、商品を作ることなんてできないと思っていませんか?

実際の製造自体はメーカーにやってもらうとしても、企画設計などができなければ製品
は作れません。
企画力がなければデザインや設計もできないので無理だと考えるのは自然なことです。

そこで役立つのがOEM供給です。
あなた自身のブランドや商品名で同業他社の製品を扱えるからです。

このような物販ノウハウを転売しか経験のない人や、物販・転売の知識や経験がない人
でも実践できるように、国内メーカー・OEM仕入れ教材の決定版「IMPACT」という
教材を公開しました。

OEMや製造委託と言うと、なぜかタオバオやアリババを使って中国企業を使えと言った
内容のものが多かったのですが、当初は価格が非常に安いという合理的な理由があった
としても、品質面での問題が多いことや、今となっては価格面のメリットも薄れてきた
上に、中国よりも国内生産のほうが安いケースも増えています。
(これがアベノミクスの成果といえるかどうかは別問題)

s-check2-2