appli02_red

理容店・美容店向けの小規模サロンの経営は、いつでも厳しいものです。

資金繰りの厳しさはチェーン店や大規模店舗と比べるというまでもありませんし、広告
宣伝に投じることができる資金力やブランディングの低さに苦しめられることも珍しく
ありません。

このため、何かをしようと思っても時間もコストもかけられないままに、ジリ貧状態が
続いていったり、結局は資金繰りに行き詰まって倒産・閉店に追い込まれる結果になり
かねません。

サロン経営総研の西村郁夫さんも、個人経営・零細規模のサロン経営者達に経営指導や
研修を行っていますが、「儲かるためのサロン経営」研修を行っていた研修施設が熊本
地震で全壊したことを契機として、研修で教えていた「五つの分野」をDVD動画に収録
した「小さなサロンを繁盛させる経営講座」を徐々に公開しています。

今回、公開されたのは「店長のリーダーシップ」ですが、従業員が店長にそっぽを向く
ような美容院・美容室では、次々と退職者が出ていったり、従業員同士が反旗を翻して
独立し、顧客を根こそぎ奪ってしまうといったケースが珍しくありません。

これでは、繁盛サロンどころではありませんので、リーダーシップを持ってサロン経営
に携わる必要がありますが、自分の言うことを聞くだけの奴隷を揃えて、一つの方向に
誘導するというのは、もはやリーダーシップではありません。

現代のリーダーシップとして求められているのは「コーチング」だと、西村さんは指摘
します。

コーチングとは、部下が望んでいる目標があって、その目標を自ら達成するように指導
することであって、目標を決めて達成するために叱咤激励をすればリーダーが務まると
考える時代は終わりました。

優れたコーチングに欠かせないのが「傾聴・承認・質問」のスキルです。

これらのスキルが低い状態でコーチングを実践しても、結局は王様と奴隷の関係になり
かねませんので無意味になりますし、チームワークが機能しません。

そこで、小さなサロンを繁盛させる経営講座「店長のリーダーシップ」では、今日から
実践可能というだけでなく、チェーン店や大規模店では不可能な、小規模サロンだから
こそ実践できる方法を学ぶことができます。

s-check2-2