appli02_red

ビジネスマナーを学ぶ機会というのは、業種によって全く違いますし、会社によっても
変わります。

まともな接客ができないと商売にならない職業であれば、最初の段階から時間をかけて
徹底的に叩き込みますし、継続的に教育を行ったり、社内報賞などで意識付けを促すと
いった仕組みが用意されていることが一般的です。

その一方、入社直後の教育でマナー教育を数時間行っただけとか、全く何もしないまま
業務に入ったので、ビジネスマナーを学んだ経験がまったくない人もいたりとさまざま
です。

しかし、ビジネスマナーができていない担当者がくると、担当者の交代を求める取引先
は少なくありませんし、しがらみがない取引先だと、契約自体を打ち切って他社に切り
替えてしまうケースも決して珍しくありません。

迷惑を被ってまで、我慢してサービスやサポートを受ける必要はないといえば当然です
が、商品やサービスを提供する側からすれば、ビジネスマナーが不十分なために取引を
打ち切られて、売上や利益が減っていくというのは耐えられない
ですよね。

程度の悪い担当者を解雇しようにも、正社員であれば、解雇するためには相当な準備が
必要ですし、労組が絡んでくると不毛な対立が起こりますので、会社経営自体にも悪い
影響が出かねません。

しかし、ビジネスマナーについての教育をしようにも、外部研修は費用がかかる上に、
ビジネスマナーの書籍を読ませた程度だと効果がほとんど期待できないことから、どう
すればいいのか頭を悩ませていませんか?

そこで役立つのが「社員の接客力を高める!ビジネスマナー講座」です。

DVD映像とテキスト・チェックテストで成り立っており、社員向け研修として複数人で
実践できるようにカリキュラムが構成されていますので、本を読んだり映像を見るだけ
とは異なり、実習をはさむことで着実にビジネスマナーが定着します。

動画の長さは2時間30分となっており、実習の時間を含めても半日程度でマナー研修
が行えるボリュームとなっています。

外部講師を雇う必要はありませんので、会議室などを使って手軽に実践可能です。

s-check2-2