appli02_red

飲食店は過当競争が特に厳しく、郊外はもちろんのこと、かなりの過疎地でも個人経営
よりもチェーン店のほうが目立つようになってきました。

チェーン店と一口に言っても、高級店を目指しているか、低価格で勝負するかで異なり
ますが、広告宣伝費用やネームバリュー、ブランドは個人経営の店舗と比べるとよくも
悪くも上ですから、あなたの飲食店もジリ貧に近いのではないでしょうか。

料理には自信があるけど、お客さんが来ないので口コミも広がらないし、値下げしても
ほとんど効果がなかったかもしれません。

タウン誌や新聞などの取材を受けたり、食べログで高評価を得ようと思ってステマなど
を行ったにも関わらず、なかなか客足が伸びないというケースも増えていますし、近所
にライバル店ができて、厳しい状況に陥ったという場合もあるでしょう。

「小さな飲食店を応援する会」(CSS)代表の前田展明さんは、現在は宅配釜めし店と
カフェを経営していますが、一時期は業績不振による多重債務で経営破綻寸前まで追い
込まれたといいます。

その苦しい時期に、血を吐く気持ちで取り組んだ集客法で借金苦からの脱出に成功した
わけですが、お金をかけずに、小規模な飲食店だからこそ取り組める方法で経営危機を
脱出
できたといったら、あなたも興味を感じるのではないでしょうか?

売上が倍々ゲームの要領で増えるだけでなく、原価率や人件費には無理をかけていない
ので、おもしろいように利益も増えていくという、経営不振に陥っていると全く考える
こともできない夢のような世界です。

もちろん、売上や利益が上がるとしても、それまでに何年もかかるとなると資金繰りが
ゆきづまる可能性のほうが高いですよね。

前田さんが実践した集客法を実践すれば、早ければ3日後には客足が伸びてきます。

前田さんが指導した飲食店でも、2ヶ月もすれば客足が大幅に増加しているため、短期
に赤字からの脱出ができる
ようになるわけです。

この集客法を誰でも実践できるのが「すぐ実践できる!繁盛飲食店の経営法」です。

飲食店の種類は問いませんし、居酒屋であれば夜だけでなく昼のランチも始めろなどと
いった、労働時間を今よりも増やすなどの無理を強いる方法でもありません。

元旦から大晦日まで不眠不休で働いても、心身ともに壊れるだけです。

s-check2-2