appli02_red

新規開業した企業が5年後も存続している確率は15%、10年後には6.3%と言う
国税庁が2005年に行ったデータがあります。

つまり、廃業せずに経営が続くだけでも奇跡的だといえますが、毎年、赤字を積み重ね
たり、ジリ貧状態で存続していても意味がありませんので、安定的に黒字を出せるよう
にしたいと思うのは、どの経営者でも同じでしょう。

あなたの店舗・会社も安定的に黒字にならずに苦労しているのではないでしょうか?

サロン経営総研の西村郁夫さんは、慢性的に収入が少なく、労働時間が長くなりがちな
理髪店・美容院を「サロンのブランド化による高料金サロン」にすることで、安定的に
高収入が得られるだけでなく、顧客に逃げられる心配も少なくなり、労働時間も短くて
済むようになると提案しています。

サロンのブランド化や高料金サロンなどというと、世界トップレベルのスキルを持って
いないと無理だとか、都市部でなければ成り立たないなどと考えがちですが、住民自体
が非常に少ない過疎地の限界集落は別として、郊外や地方都市でも成立するものです。

西村さんが指導したケースではマンションの一室やビルの6階などを「会員制美容室
にすることで、顧客単価を引き上げただけでなく、時間調整もしやすくなるため、連続
休暇をとって旅行を満喫することもできるようになっています。

また、2016年の熊本地震で美容院が全壊した益城町在住の経営者の場合、隣接する
熊本市に完全予約制の会員制美容室を新たにオープンすることで、短期間で売上・利益
ともに、益城町にいた頃を超える数値を叩き出すことに成功しました。

西村さんは、このようなサロン経営手法をサロン経営総研付属研修所で教えていました
が、研修所が2016年の熊本地震で全壊したために、ピンチをチャンスに変えるべく
研修所を立て直すのではなく、オンライン講座として新たに始めることになりました。

それが「小さなお店を繁盛させる経営講座」です。

s-check2-2