appli02_red

ネットビジネスで稼ぐ!
というと、どのような方法を思い浮かべますか?

せどりや転売、アフィリエイトやユーチューバーなどを思い浮かべるかもしれません。
転売から始めて、最終的には情報発信をするのがゴールと言った「ゴールデンルール
を提唱する人もいることから、あなたも実践した経験があるかもしれませんね。

しかし、菅原翔(仮名)さんは、最初から情報販売に取り組むことで、効率よくネット
ビジネスで稼げるようになると指摘します。

とはいえ、情報販売というと、

  • 作成できるだけの知識や能力がないから無理
  • 匿名で販売できないから会社などにバレるのが心配
  • 中身も見ないで詐欺や悪徳などて叩くアフィリエイターがうざい

などといった心配を抱いているかもしれませんね。

バッシング系は情報商材アフィリエイトでの定番手法の一つですが、悪質な情報商材は
誹謗中傷されても仕方がないとしても、自分が売りたいもの以外はすべて悪質・詐欺と
一方的にレッテルを貼るケースも増えています
ので、たまたま知り合いが見た場合に、
あなたが詐欺や悪徳商売をしているといった悪評を流されるおそれがあります。

会社の上司や親戚が見るかもしれませんし、友人が見て、徐々に付き合いが減るなどの
リスクを抱えながら情報起業はしたくないと思うのも仕方がないでしょう。

しかし、菅原氏が実名を出さずに情報起業ができていることからわかるように、現在は
実名を出さずに特商法における対応を一括して行う代行サービスも充実していますので
代行費用を支払う必要はあります(一例として、アドモールの場合は利益の5%)が、
PPCアフィリエイトで実名を出さないと広告出稿もできないことを考えると、はるかに
取り組みやすいと感じるのではないでしょうか。

売れる商品を作れば、その後は、購入者へのアフターサポートを行ったり、ライバルの
状況をチェックして、必要であれば内容を修正したり、値下げするなどの作業ぐらいと
大幅に作業量が少なくなりますし、新たな商品開発に取り組むのもいいでしょう。

アフィリエイターやせどらーと違って、競争相手が一気に少なくなりますので、売れる
商品を作ることで、一気に大金を稼ぎ出すことが可能
となります。

しかし、その「売れる商品」を作れないために挫折するケースが大半です。

作っても売れずに販売を諦めた販売者は数多くいますから、ほんの一握りの成功者たち
に入るためにはどうすればいいのでしょうか?

この質問に対する菅原さんの答えをまとめたのが「ビジネス未経験でもできる情報起業
の方法
」です。

情報起業というと、あなたが現在持っている知識を活かして商品を作るというイメージ
がつきものですが、前提条件から間違っています。

自分が提供できるノウハウや知識をまとめても、「顧客が欲しい商品」でなければ全く
売れません。

「顧客が欲しい商品」を提供することが大前提となりますが、専門知識や経験がないと
無理
だと思って諦めるのではないでしょうか?

この問題の解決策を知っていると一気にゴールに近づけますし、「ビジネス未経験でも
できる情報起業の方法」の中に書かれています。

s-check2-2