appli02_red

インターネットで情報発信をしているけど稼げない
と、悩んでいませんか?

嘘やデタラメ、誇大広告などといった具合に情報の質が悪いのは論外としても、情報の
質に問題がなかったとしても、発信方法に問題があるためにマネタイズに失敗している
ケースが珍しくない
と指摘をするのは、インターネットビジネスで生計を立てていると
いう森公平さんです。

ブログやYouTube、SNSなど、情報発信のためのメディアはインターネット経由だけ
でも数多く存在しますが、自己満足な発信しか行っていないがために、マネタイズには
全く役立っていないというケースが大半です。

ブログを使えば稼げると聞いたからブログを開設したのはいいけれど、ネタがないので
どうでもいい日常生活の一コマを日記代わりに書いてみたり、同じ記事をリライトして
繰り返し投稿し続けるといった無駄なことを繰り返した挙句に、何の成果も得られない
ことから記事更新を辞めて、今では放置しているケースが珍しくありません。

twitterやFacebook、LINE@やinstagramなどでも、同様の状況が数多く見られます。
リンクトインやtsu、マストドンなどは、存在さえ忘れているのではないでしょうか?

このような悲惨な結末を迎えないために、マネタイズするための仕組みを知って実践を
する必要があると森さんは強調します。

マネタイズするための仕組みとは、いったいどういうものなのでしょうか?

インターネットビジネスの本質は「教育」です。

教育と言っても、学校のように、批判を一切許すことなく、一方向に知識を押し付けて
いくのではなく、学ぶ側が共感してファンを増やしていくために行っていく活動のこと
です。

その結果、良い循環に入っていき、単に稼げるというだけでなく、あなたの人間的魅力
も向上
し、さらに良質な情報が入りやすくなる上に人脈も広がります。

この森さんが提唱する仕組み作りが学べるのが「情報発信マネタイズ大全集」です。

マネタイズをするためには「Hの仕組み」は必要不可欠な存在です。

もちろん、アダルトの話をしているのではなく、初見さんをファンにするための、入口
から出口までの一連の流れのことを総称して呼んでいます。

s-check2-2