>>公開は終了しました<<

営業成績があがらずに苦労していませんか?

特に飛び込み営業の場合には、なかなか成績があがらずに苦しむ人の割合が多い傾向が
高いですし、あなたも何をすれば契約にこぎつけられるのかわからないと思います。

小久保卓さんは、個人向け太陽光発電の訪問営業でトップセールスになった実績があり
ますが、最初の半年間は全く契約が取れなかったといいます。

そこで、小久保さんが営業成績を上げるにあたって注目したのが、個性を活かした営業
です。

トップセールスの真似をすればいい
といったアドバイスをする人もいますが、性格に合わない手法で取り組んでも長続きは
しませんし、ごく一部の人は何かが覚醒して成功するかもしれませんが、大多数の人は
挫折することは確実です。

むしろ、セールステクニックよりも自分自身が持つ「武器」を活かすことを考えた方が
営業成績をあげるためには効果的
だと小久保さんは言います。

寡黙で営業は苦手だと自分で思っていた人がトップセールスになるケースは意外に多い
のですが、会話上手になるように努力をしたというよりも寡黙な性格を活かして口数は
少なくても誠意のある言動に徹することで、見込み客の信頼を獲得して成約につなげる
ケースが多いのです。

逆に、会話が上手な人が寡黙な人の真似をしてもうまくいきませんので、自らの強みを
活かすことが最も効果的
だというわけです。

その他にも、そもそも、訪問営業の場合には、ドアホンを鳴らしても出てもらえないと
話になりませんし、トークがダラダラと要点もわからないまま続いてしまうと、聞いて
いる方からすれば一刻でも早く追い出したくなるものです。

そこで、このような問題を全て解決して、営業成績を上げるための方法を小久保さんが
月収60万円営業マンになる脅威のプログラム」というマニュアルにまとめました。

これまでに実践者の95%が60日間で月収60万円を達成しています。