appli02_red

自動投稿ツールで稼げる時代は終わった
と思っていませんか?

被リンクの質が問われるペンギンアップデートは関係ないとしても、コンテンツの質が
問われるクオリティアップデートやパンダアップデートをはじめとしてペイデイローン
アップデートや、それ以外にも名前がついてない各種ペナルティ、さらには目視で判断
される手動ペナルティもあります。

そのような厳しい監視下のもとで、内容のない自動生成コンテンツが生き残れるわけが
ないし、今は大丈夫だったとしても、将来的にはペナルティが厳しくなって確実にダメ
になるから意味のないことはやめた方がいい
というアドバイスも少なくありません。

インターネットビジネス総合研究所の山本寛太朗さんは、これまでに数多くのアフィリ
エイトツールの研究と開発を行ってきましたが、検索エンジンの影響を受けること無く
集客できる方法
として、2012年の段階でtwitterに早くも注目していました。

そこで、ツイッターに自動投稿を行って、並行してフォロワーを増やせばいいと考えた
山本さんが開発したツールが「ツイスター」です。

「ツイスター」は他人がツイートした内容をパクることもしませんし、ライターが作成
した独自の「プロ記事」を自動リライトして投稿しますので、同じツイスター利用者間
でもコンテンツが被る可能性を低くしています。

twitterではコピーコンテンツによるペナルティは存在しませんが、ツイートを読んだ
人間が、一度は見たことがある記事だと判断すると、あなたのツイートを読んでくれま
せんから、オリジナリティを出すことは重要です。

また、「ツイスター」を使うとツイートの中にアフィリリンクを直接挿入できます。

普通にアフィリリンクを貼るとエラーが出たり、アカウント凍結の原因になるケースが
増えていますが、ツイスター独自の短縮URLを用いることで自動的に回避できます。

s-check2-2