appli02_red

ソーシャルメディア広告は、リスティング広告やディスプレイ広告と比較されることが
珍しくありません。

大雑把に言えば、リスティング広告が「今すぐ客」へのアプローチを重視するのに対し
ディスプレイ広告やソーシャルメディア広告は「潜在客」へのアプローチを重視すると
いうことになりますが、細かな点では違いも数多く見られます。

ディスプレイ広告と比べるとソーシャルメディア広告のほうが広告出稿先の属性を絞り
込みやすい傾向が見られますが、コスト面ではクリック課金や表示課金といった具合に
課金方式が異なることから、一概に比較することはできません。

とはいえ、リスティング広告と比べると安価に広告が出せると言うのはメリットです。

ソーシャルメディア広告と一口に言っても、ツイッターとフェイスブックでは色合いが
異なりますし、動画広告向けAdWords(YouTubeアドワーズ)やインスタグラムも含む
選択肢が多すぎて、どれを使えば最適なのかがわからなくなりかねません。

そこで、マーケッターの加古井雅人さんが、以下の4種類のソーシャルメディア広告を
最大限に活用するためのノウハウを教えるマニュアル「Lucifero」を公開しました。

  • Facebook広告
  • Youtube広告
  • Twitter広告
  • Instagram広告

それぞれのソーシャルメディア広告における基礎的な説明や広告出稿までの手順などの
入門コンテンツはもちろんのこと、広告効果を高めるテクニックやノウハウも学ぶこと
ができます。

わからないことがあればメールサポートで解決できますので安心ですね。

s-check2-2