inzei

appli02_red

Ebook-Academyまとめ

  • 電子書籍を自主出版して月10万円以上を稼ぐノウハウを学べる3ヶ月間コース
  • 現時点で原稿を用意していない、原稿が書けない人でも問題なし
  • 最小限の労力で文章作成から電子書籍出版を実現できる方法が身につく
  • いつでも見られる動画講義と2週間に1回の勉強会でスキルアップ
  • 動画閲覧とメールサポートは4ヶ月目以降も利用可能

Ebook-Academy検証

電子書籍出版は一般的な自主出版と比べてコストは10分の1以下と言われており、アマ
ゾンキンドルなどを用いることで、書店に並ばなくても自主出版の電子書籍が売れていく
ケースは決して珍しくありません。

従来の自主出版のように、高額なコストをかけてまで自己満足のために行うのではなく、
既存の出版社を通すことなく自力でベストセラーを生み出すことも可能となったのが電子
書籍の効果と言えます。

出版後の維持コストも掛かりませんので、月10万円程度であれば何冊か出版すれば十分
達成可能
といえます。

電子書籍を出版すれば「作家先生」になれるのはもちろんですが、それ以外にも数多くの
メリット
があります。

そのメリットを以下にまとめました。

  • ブログ・サイトへの誘導やリスト取得等のマーケティングに活用できる
  • アフィリエイトやフロント商材として活用できる
  • ブランディングに役立つ

しかし、そもそもの話として、原稿が書けなければ意味が無いと思っていませんか?

あなたが次々と電子書籍を量産できるだけのライティングスキルと豊富な知識、調査能力
があれば全く心配する必要はありませんし、利益折半などの約束で無料・安価にゴースト
ライターなどを引き受けてくれる人がいれば助かりますよね。

とはいえ、そんな都合の良い話は滅多にありません。

この原稿作成の悩みを解消できるオンラインスクールが「Ebook-Academy」です。

動画による講義と、3ヶ月間にわたって合計6回行われる勉強会から構成されています。

学習の流れとしては、動画を見て出版のために必要な知識や情報収集、原稿の書き方など
を学んだ上で、勉強会に臨むという流れで3ヶ月間を進めていきます。

原稿の書き方と言っても、本物(?)の作家先生のように新作を次々と仕上げるのは才能
や努力がないと難しいことから、Ebook-Academyでは、簡単に原稿を完成させるための
手段としてリライトや外注ライターをフル活用する方法を学べます。

この場合、あなたの作業はアイディア出しと取りまとめが中心になりますので、ゼロから
文章を自力で考えたり、取材を重ねて執筆するのと比べると、大幅にコスト・時間ともに
カットできます。雑誌の編集長になったような気分ですね。

勉強会以外にもメールサポートが用意されており、こちらは回数・期間とも無制限で利用
できますので、わからないことがあれば聞いていきましょう。

s-check2-2