appli02_red

Facebookで物を買う人はいない
などと、物知り顔で断言する人は今でもいますが、SNS機能だけを使って稼ぐ人も増加
していますし、Facebook広告を併用することで売上・利益ともに激増させた人や企業
も増加し続けている状況
ですから、無視してもらって全く問題ありません。

しかし、Facebook広告は、初期の頃の何でもありの状況から、実践者が増えたことも
あって、徐々に規制が強化されてきました。

これはアドセンスやアドワーズ、YahooなどのPPC広告などでも見られた光景ですが、
Facebook広告に関してはノウハウの蓄積が少ないこともあって、どのように対策して
いけばいいのか、十分にわかっていない
のではないかと思います。

この理由として、Facebook広告の実践者が他のPPC広告やSNS広告ほどには多くない
ことがあげられますが、逆に言えば、先行者利益が得られるチャンスが残されている
言えるでしょう。

そこで、Webマーケティングコンサルティングを行う「Catch the Web」が実践して
成果を上げたFacebook広告の方法を学んで、あなたも成果を出せるようにするための
教材として公開されたのが「Catch the Facebook広告」です。

限度はありますが、お金をつぎこめば、つぎこむほどに儲かりやすくなる状態ですから
集客手段としてFacebook広告を活用しないのはビジネスチャンスを逃すことにもなり
かねません。

いったん仕組みを作ってしまえば、少しのメンテナンスだけで、あとは自動的に売上が
立つ状況を作れる
のです。

リスティング広告やディスプレイ広告の経験があれば、Facebook広告の特徴を短期間
で理解し、実践できるようになります。

s-check2-2