appli02_red

新卒採用や第二新卒の場合、当然ながら、実務経験が全く無い学生・元学生を採用する
わけですが、即戦力にならないにも関わらず採用するのは、将来性を見越しているから
です。

その一方、中途採用の場合には、会社にとって足りない戦力を補うことが目的ですから
募集する業種や業務経験、実績などが重視されますし、年齢的に将来性を期待するのが
難しくなっていきますので、新卒採用と同じように転職活動を行うことは困難です。

人手不足が深刻な業界であれば、経験者はもちろんのこと、未経験者を優遇する場合も
ありますが、その分だけ労働条件も過酷になりがちですし、3Kやブラックなどとして
避けられることも珍しくありません。

あなたが運送や福祉、飲食などの業界に転職したいのであれば、それほど苦労なく採用
されると思いますが、そうでなければ、避けたいと思っているのではないでしょうか?

会社の倒産やリストラで失業した場合には、雇用保険が通常よりも長く受け取れますが
永遠に受け取れるわけではありませんので、収入先を確保するためにも、短期間で次の
就職先を決める必要があります。

この場合でも、これまでの実績や知識を活かせる会社が求人を行っていなければ、全く
役には立ちませんので、やむをえず異業種で仕事を探すことになりますし、同業種でも
ライバルだった会社の場合には何かと厄介なケースも有るかもしれません。

何とか応募にこぎつけられても、せっかく履歴書や職務経歴書を苦労して作成した所で
書類選考で落とされる場合が珍しくありませんし、面接で落とされることも多いです。

そこで、転職・再就職活動の上手なやり方を、転職成功者の体験をもとに作成したのが
再就職支援プログラム」です。

履歴書・職務経歴書の作成、面接対策という3つのポイントに絞って徹底的に説明して
います。

転職回数が多い人はもちろんのこと、失業期間が長引いたり、諦めた期間があったため
にブランクが開いている人、新卒採用の後に一つの会社に勤務し続けた挙句にリストラ
にあった人など、さまざまな人が再就職支援プログラムで転職・再就職に成功しました。

18歳から58歳の人が、再就職支援プログラムで転職・再就職に成功しています。

s-check2-2