appli02_red

SEOをどのように行えばいいのかという問題は、時期によって全く異なります。

かつてのYahoo!などでは、申請に応じて登録を行うディレクトリ型が一般的でしたが、
サイト数が増えるに従って、業務が破綻することが目に見えているため、機械的に処理
をして、キーワードごとに検索結果を表示するロボット型が現在では一般的です。

googleがだめでもYSTを攻略すれば良いという風潮が有りましたが、2010年に廃止
されたことで、現在はgoogleだけをターゲットにSEOを行えば良くなっています。

日本ではYahoo!はgoogleをベースにして独自のカスタマイズをしていますが、実質的
にはgoogleと同じ扱いをされているため、Bingなど他社を圧倒する1強状態です。

かつてはgooやinfoseekなども独自の検索エンジンを搭載していましたが、googleを
そのまま利用するということで消えていきました。

中国では国策によって、Baidu(百度)をはじめとして、Sogou、Haosouなど、国内
資本が提供するサービスのみとなっていますが、海外ではBingとgoogleの利用者数が
ともに多く、完全な1強というわけではありません。

SEO対策 検索エンジンに振り回されない骨太の集客セミナー動画講座」は、某日、
札幌市内で開催されたSEOセミナーの模様を収録したDVD動画となっています。

かつては通用したけど、現在では全く役立たないどころか、かえって逆効果になりかね
ない「タブーSEO対策」を踏まえた上で、改めて現在に通用するSEOの知識を基礎から
学びます。

その後、検索エンジンが好むだけでなく、サイト訪問者が長時間滞在するコンテンツの
作成方法やライティングテクニックなど、コンテンツSEOを具体的に身につけていくと
いう流れになります。

集客に効果的なFacebookやアメブロなどの活用法も役立ちます。

s-check2-2