appli02_red

コピーライティングというと、売れないものを無理やり売りつける悪徳商法の一環だと
いった悪いイメージを持っているかもしれませんし、小難しい理論を身につけても全く
何の役にも立たなかったという人もいるかもしれません。

  • コピー、文章を書いても売れない
  • 理論を学んでも思い通りに文章がかけない
  • 何を書けばいいのか分からない

などといった具合ではないでしょうか。

あなたの場合は、ライティングスキルを高める必要性は感じているとしても、具体的に
どうすればレベルアップができるのか分からない
という状況だと思います。

コピーライティングやライティングスキルに関する書籍やマニュアル、スクールなどに
通って指導を受けても、期待した成果が得られなかったのは、「ライティングのコツ
を身につけられなかったのが原因だと指摘をするのは、関口智弘さんです。

「洗脳」などの心理学的なエッセンスなどを取り入れて、相手をコントロールしようと
するのは愚の骨頂
であり、カルト宗教の狂信者でもない限りは、あなたの言葉や文章を
100%すべて受け入れて行動することはありえないことから、いやらしい部分だけが
目立ってしまい、挙句の果てに「詐欺師」呼ばわりされるのがオチです。

AIDMA理論やPASONAの法則などといったコピーライティングで知っておくべき理論
などを学ぶよりも「セールスに際しての企画」のほうが遥かに重要だと指摘します。

同時に、見込み客に対して徹底して想像力を働かせることで、最初のうちはピント外れ
だったとしても、改善を繰り返す中で精度は向上していきますし、他の場所でも文章の
使い回しが結構使えるといったら驚く
のではないでしょうか?

例えば、数多くのセールスレターを読んだ経験があればピンとくるかもしれませんが、
売っている商品は全く違っていても、文章の全体的な流れであったり、言い回しなどが
同じケースを何度も見かける
と思います。

何度も文章を作り直した結果、もっとも成果が出る構成が似たようなものだからです。

関口さんが「ライティングのコツ」を誰でも手軽に学べるように「COPY WRITING
REVOLUTION
」というマニュアルを公開しました。

s-check2-2