appli02_red

作家や出版者になるためには、いくつもの手法がありますが、手間を掛けずに出版まで
こぎつけるためには、電子書籍を用いた自費出版がいいでしょう。

商業出版として全国の書店に並べてもらおうと思ったら、当然ながら、出版社が稼げる
と思った内容でなければ無理ですから、有名人であればネームバリューだけでも売れる
場合もありますが、全くの無名であれば、売れそうな内容の原稿を用意する必要があり
ますので、非常に高いハードルだと感じるのではないでしょうか。

また、自費出版で書店に並べるという方法もありますが、最低でも数百万円は必要です
から、こちらも難しいと感じるのではないかと思います。

電子書籍であれば、原稿を用意するだけでamazonキンドルを用いることで数万円程度
で出版できますし、他の商業出版の書籍と同じように検索すれば出てきますので、自費
出版で作成した紙の書籍よりも露出が大きいという点がメリットです。

それでは、原稿を用意できない人が電子書籍を出版するにはどうすればいいのでしょう
か?

電子書籍を出版するための方法を教えるスクールに通って学んだり、ゴーストライター
に原稿作成を丸投げする方法もありますが、少ない手間でコストを掛けずに実現できる
のが「マスターブックスクール」です。

簡単、便利、確実な文章コンテンツ量産方法が学べますので、遅くとも1ヶ月後までに
電子出版を行って肩書に著者や作者という言葉を増やすことが可能
になります。

文章コンテンツ量産方法というと難しく感じるかもしれませんが、具体的には、以下の
ステップを順番にこなしていくだけです。

早ければ1週間、遅くても1ヶ月以内には完成できます。
1万文字程度で十分です。

s-check2-2