thunderlink

>>公開は終了しました<<

Thunder Link まとめ

  • ペンギンアップデート4.0到来で被リンクSEOがしやすくなった
  • 逆SEOは難しくなったがブラックSEOはやりやすくなった
  • えげつない方法から普通の方法まで行えるツールが効果的

Thunder Link 検証

いつ来るのかと言われ続けてきた「ペンギンアップデート4.0」が2016年9月に
ついに到来しました。同年10月に展開が完了したという発表も行われています。

現時点ではペンギンアップデート4.0以降は自動更新になることから大々的な発表は
行わなくなり、毎日、少しづつ更新し続けるという状況になっています。

従来はペンギンアップデートなどでペナルティを課されるのがサイト全体だったことも
あって、トップページに粗悪なリンクを大量に送りつければサイト全体にペナルティを
与えるという逆SEOを効率的に行えましたが、現在ではページ単位での評価に変わった
こともあって難しくなった印象です。

100ページのサイトがあったとすると、従来はトップページを貶めるだけでよかった
のが、今度は100ページ全てを貶める必要が出てきた上に、googleではこれらの露骨
な「人為的な被リンク」の価値を自動的に無効化する評価基準を新たに追加したことで
なかなか逆SEOの成果が出ないという状況になっています。

逆に言うと、いわゆる「ブラックSEO」を行って被害が出たとしてもサイト全体に及ぶ
ケースは少なくなりましたし、やり方次第では今でも効果的な手法が存在することから
短期間で一気に上位表示をさせてアフィリエイトで稼ぎたい案件があるときには効果的
だと指摘をするのは、SEOコンサルタントの市塚和美さんです。

市塚さんは、ブラック・ホワイトのさまざまなSEOを研究し、大手企業などにコンサル
ティングを行っているわけですが、その中で現在でも通用するブラックSEOを発見する
ことに成功したわけです。

その手法というのは、

  • 過去履歴のない新規日本語ドメインでWebサイトを作る(ペラサイト可)
  • バックリンクからメインサイトに対して一気に被リンクを送る(30個以上)
  • バックリンクは中古ドメイン・無料ブログで十分

被リンクを送るタイミングとして、それこそ同時に一気に送ることが望ましいわけです
が、手作業で一人でするには難しいですし、外注を雇うとコストがかかります。
(こんなことをしようと思う人であれば外注を雇うお金はあると思いますが)

そこで役立つのが「Thunder Link」です。
バックリンクとなるサテライトを登録しておけば、クリックするだけで何個でも一気に
被リンクを送ったり、剥いだりすることが可能です。

「Thunder Link」はツールだけでなく、上に書いたようなブラックSEOのノウハウを
数多く知ることが出来ますので、PPCが使えない案件などで上位表示で一気に稼ぎたい
という時に役立ちます。