appli02_red

在宅ワークというと、昔は切手貼りや住所書き、封筒貼りなどの内職というイメージが
強かったのですが、数をこなしても給料は非常に安く、小遣い稼ぎ程度にしかならない
ものばかりでした。

高給のものというと、翻訳やテープ起こし、占いなど、知識や技術がないと無理なもの
ばかりで、素人にはハードルが高い仕事がほとんど
です。

一方で、現在はコンピュータやネットワークが普及したことで、これまでは会社でしか
行えなかった業務が自宅でも可能
となっています。

仕事の内容にもよりますが、会社に通うのは週1回以下で、大半は自宅で業務をこなす
フルタイムの正社員や契約社員として働くこともできますし、時間的・業務的な拘束が
強すぎるというのであれば、パートやアルバイト、個人事業主として業務を受けて仕事
をするといった手段も存在します。

中には、在宅ワークで手軽に稼げると称して詐欺まがいのことをやっている悪徳業者も
存在しますが、信頼できる情報源から在宅ワークの情報を仕入れることで、悪徳商法に
騙されることなく自宅で働ける仕事を見つけることが可能
となります。

在宅ワークは出来高払いや成果制、歩合制が多いのですが、時給や日給などの固定額で
行える仕事
も存在します。

例えば、コールセンターのオペレーターは、かつては事務所に大量に人数を集めて行う
ことが一般的でしたが、インターネット電話を使うことで自宅で電話料金の負担を一切
気にせずに行えるようになりましたので、企業側としても在宅ワーカーを使うケースが
増えています。

セールス系のテレアポであれば歩合制のところもありますが、サポート系の電話受付と
言ったようなケースでは、件数に関係なく定額で報酬が支払われるケースが珍しく有り
ません。

時給換算で1000円前後が多いですし、困ったときは企業側の担当者が常時待機して
いますので、サポートを得たり、面倒なクレーム対応など、場合によっては電話を転送
して企業側の担当者に対応してもらうことも可能です。

このような良質な在宅ワークを見つけて、仕事をするために必要な準備や注意点などを
まとめたマニュアルを金橋純子さんが公開しました。

それが「在宅ワークで長期的に安定収入を得るノウハウ」です。

s-check2-2