appli02_red

サイトやブログへのアクセスが少ない段階では、成約数・反応数を上げるためにSEOに
力を入れるよりも、成約率・反応率を引き上げるための努力をした方がいいと指摘する
のは、株式会社感動集客の松野正寿さんです。

成約率や反応率を引き上げるための手段として、ライティングスキルを上げる人も多く
いますが、国語の時間にかいた作文や論文を思い出せばわかるように、短期間で一気に
レベルアップするのは難しい
ものです。

そもそも文章力が低ければ、読み手に文章の内容が理解されませんし、購入意欲を指摘
するようにライティングテクニックを駆使するとなると、知識だけでは不十分であって
相当量の練習が必要になります。

高度なライティングスキルを身につけている人でも稼げる文章を1回で書くのは不可能
に近く、何度も試行錯誤を繰り返して、徐々に成約率や反応率を引き上げていくことが
一般的なため、ある程度の時間は必要になります。

そこで、松野さんが推奨するのが「デザイン」です。

あなたもデザインに対して苦手意識を持っているかもしれませんが、文章を練り上げる
よりも遥かに少ない作業量と時間、スキルで成約率・反応率を劇的に引き上げることが
可能
となりますし、身につけるスキルも意外に単純で拍子抜けするほどです。

これだけでも成約率や反応率が10%程度はアップして、売上が劇的に向上するという
のであれば、あなたも実践したくなってくるのではないでしょうか?

このWebサイトやブログで反応率や成約率を上げる方法として松野さんは「進撃のクリ
エイター
」というマニュアルを公開しています。

  • GIMPの使い方がわかる動画マニュアル
  • 反応が良くなるバナー広告作成マニュアル
  • 様々な用途に使えるヘッダー画像45種類
  • 4コマ漫画237種類(セリフ抜き)
  • 吹き出し画像440個(セリフ抜き)
  • 商品を手に取っているイラスト200個

さらに以下のツールも付いてきます。

  • 動いて音がなるボタン素材を作れる「ダイレクトハンター」
  • 重複記事がネット上に存在するかを調べる「ペナルティクロス」
  • タグ付きURL抽出ツール「DeepLinker」
  • スマホ専用のサイト作成ツール「スマージング」
  • 画像リサイズ「リサイズフォトクリエイター」
  • 検索順位チェックツール「EasyRankingCheker」

s-check2-2