appli02_red

メインサイト向けのリライトツールとして知られているのが、メインサイトリライター
(MSR)やゴーストリライター3などです。

しかし、澤井哲夫さんは、これらのリライトツールより高いレベルのツールを作りたい
ということで新たに公開したのが「Mirionea Contents System」(MCS)です。

MCSはWebツールですから、WebブラウザがあればOSに関係なく使えます。
レンタルサーバーが必要ですが、すでに使用している業者が流用できる場合があります
し、サーバー負荷はほとんどありませんので、非常に安い値段の業者でも正常に動くと
思われます。(サーバーのスペックや設定次第で動かない場合もあります)

MCSの使い方は簡単です。
リライトしたい文章を貼り付けて、単語レベルで置き換えていくだけです。
形態素解析で文章を解析して、リライト対象の単語を高い精度で見つけていきます。

文章への加筆・修正も好きなタイミングで行えることから、自由度の高いツールと言え
ます。

単語を置き換える辞書は10万語が標準で登録されていますし、あなた自身でも自由に
追加できますので、専門性の高いジャンルの文章をリライトする際に使うと効果的です。

使うほどに精度が向上するというのは、リライトツール全てにいえます。

コピー元の文章の書式が残っていると、htmlタグも残るので、文章として使い物になら
ないケースもありますが、MCSの場合にはコピペだけでテキストデータに自動変換する
ことから、ストレスを感じることなくリライト作業に入れます。

MCSを使ったアフィリエイト手法が学べるマニュアルも付いてきます。

各レビューサイトの記事をパクッて集めたり、関連キーワード毎に上位表示される記事
をかき集めてきてリライトし、一つのサイトにまとめることで、手間と時間をかけずに
コンテンツSEOを行えるというわけです。

そこに体験談やクチコミ情報などを加えるとアフィリサイトの価値が上がります。

新設サイトで行うと被リンクが足りない分だけ、上位サイトと比べると弱い部分があり
ますが、相当な資金と時間の節約になります。

なお、露骨にやりすぎるとWELQのような悲惨な結末になりかねません。
WELQアップデート等でサイトごと飛ばされたり、著作権違反だとして損害賠償請求の
裁判を起こすライターやカメラマンも増えていますので、引用と転載、リライトの意味
を正しく理解した上でMCSを使う
ことで、安全に使いこなせます。

s-check2-2