appli02_red

amazonに出品しても売れなくなってきた
と嘆くセラーの数が増えていると指摘をするのは専業せどらーの栗木裕子さんです。

その理由としては、2016年に行われたamazonのアルゴリズム変更の影響が大きく
出品している商品数が少なかったり、販売実績が少ないセラーが表示されづらくなって
います。

さすがに、最安値で出品すれば販売者リストでトップに表示はされますが、オリジナル
商品などの場合には、従来であればamazon内検索で上位表示されていたものが、現在
では順位が落とされたり、非表示になることもありますので売れ行きがダウンするのは
当然でしょう。

この問題への対策としては、出品数を増やして、販売実績を増やせばいいわけですが、
栗木さんは闇雲に出品数だけを増やしたところで意味がなく、「販売ページの強化」が
重要だといいます。

「販売ページの強化」として最も効果があるのは、購入者から高評価のレビューをして
もらうことですが、出品している商品やショップの評価が高まることで、ある時点から
一気に検索順位が上がる
という、googleSEOなどと同じ現象が起こります。

それこそ、出品している商品に関連したさまざまなキーワードで検索されても上位表示
されるようになるため、売上アップに直結
するわけです。

要するに、低品質の商品を割高な価格で売るようなボッタクリは論外として、見込み客
や顧客に愛されるようになるための地道な努力が求められる
ようになったわけですが、
どうしても商品取扱数が増えてくると、対応が雑になる傾向が見られます。

amazonFBAに任せてあるから他にやることがない人もいるでしょうが、問い合わせや
購入後のメール対応などを行うだけでも評価が大きく変わる
ものです。

レビューもせずに無視していた人がレビューをしてくれるようになりますし、普通の
評価だった人がワンポイント上げてくれる場合も増えてきます。

この手作業で行うと面倒なメール送信作業をシステム化するのが「AmaCS」です。
Windowsソフトのため、スマホやMacOSでは使えません。

  • 出品している商品の価格手動アップデート機能
  • 配信ステップメール振り分け機能(最大5パターン)
  • メール配信間隔設定
  • ステップメール配信機能(1通あたりの同時最大送信者数100名まで)
  • メール配信管理機能

顧客フォローをほぼ無人化できますので、商品数が増えても困りません。

s-check2-2