appli02_red

あなたが持っているWebデザインのスキルを、派遣元や代理店などの奴隷としてすり
潰していくだけか、自らビジネスオーナーとして有利に進めていくかを選ぶことは可能
と指摘をするのは、工務店集客・マーケティングコンサルティングを行う上昇気流代表
中村太郎さんです。

Webデザイナーは技術職であり芸術職だから、芸術的センスと最新のITスキルの両方を
身につける必要があるという話はよく聞きますが、これだけだと技術派遣として奴隷に
なり、依頼者からは小馬鹿にされながら激安報酬で使い倒されるという状況を解消する
のは不可能です。

Webデザイナーに抜け落ちている観点として、中村さんがあげるのがマーケティング
スキルです。

特に身につけるべきスキルとしてあげているのが、

  • PPC
  • アクセス解析

の2種類です。

これらを身につけることで、集客力の高いWebサイトを自力で作れるようになりますし
アクセスを増やしたり、ネットショップなどであれば売上や申し込み数を増やすための
改善提案を顧客に対して行えるようになります。

Webデザイナーとして一部分しか触れなかった状況と比べると、雲泥の差といえます。

あなたもアクセス解析の設置方法や使い方ぐらいであれば知っているとは思いますが、
ページごとのアクセス数の違いであったり、何日・何曜日にアクセスが多いという程度
の分析しかできない状態かもしれません。

このページのこの部分で離脱しているケースが多いので、ここを改善すれば決済リンク
や申し込みページに移動するといった具体的なアドバイスができるというレベルに到達
する必要があります。

PPCについても同様で、無駄に広告費を費やした挙句にアクセスが集まらなかったり、
売上アップに貢献できなければ、それこそ無駄遣いもいいところです。

そこで、独学でも1日20分の学習でPPCとアクセス解析を使いこなして集客コンサル
として活躍できる知識が学べる「ネオWEBデザイナープログラム」が役立ちます。

スキルアップだけでなく、お客さんの見つけ方までも説明していますので、独立したと
しても、その後で悩む心配はなくなります。

s-check2-2