appli02_red

アクセス解析ツールは、無料・有料を問わずに数多くの種類があります。

代表的なものとしてはgoogleアナリティクスであり、法人向け有料アクセス解析ツール
のUrchinを買収して開発したことから、高性能でありながら無料で使えるのがメリット
と言えるでしょう。

また、googleアナリティクスだけに限った話ではなく、googleやBing、Yahoo!などの
検索結果がhttps化したことに伴って、アクセス解析側で検索キーワードの取得が不可能
といっても良い状態になっており、googleアナリティクスとgoogleサーチコンソール
を連携させたほうがいい
とアドバイスをする人も少なくありません。

googleサーチコンソールでは、検索キーワードを一覧で表示するからです。

また、googleアナリティクスでは、ユーザーエクスプローラーでサイト訪問者がサイト
内を移動したのかを把握できますが、どのページに何秒間滞在して、次のページに移動
したのかといった情報しか手に入りません。

これでも、最初に訪れたページや離脱したページなどを細かく把握することができます
ので、改善するべきポイントが明確化できますが、ページ内で何をしているのかまでは
把握できません。

このような問題を解決するためにヒートマップを併用することが一般的ですが、全体的
な傾向はつかめても、個々のユーザーの動きまではわからないわけです。

そこで役立つのが「アクセス解析の達人」です。

サイト訪問者の動きを逃すことなく録画できますので、従来のアクセス解析では把握が
できなかったポイントが全て明確にわかります。

以下の動画で、録画したアクセスの再現性の高さがわかります。

もちろん、統計データとしての「全体的な傾向」もわかりますので、マクロとミクロの
両面からサイトの改善を進めていけるというわけです。

s-check2-2