appli02_red

婚活パーティーは参加者を集めることができれば、必要なコストは場所代と飲食程度と
少額ですし、パーティー会場は都度、借りるとしても、あなたの自宅を事務所にすれば
固定費がかかりません。

あなた自身で参加費用を決められますから、想定される参加者数でも利益が出るように
しておけば十分ですし、以下のように利益が出やすいことがわかると思います。

フランチャイズ契約などは一切不要ですから、ロイヤリティーを本部に吸い上げられる
こともなく、売上の大半が利益になります。

参加者が集まりやすいのは平日夜間と週末ですから、日勤と夜勤が入り乱れる変則勤務
であったり、週末が勤務日で平日が休みといった勤務でなければ、週末の休みを使って
副業として取り組めますし、専業になれば、様々な選択肢があります。

あなた一人で切り盛りできる規模の婚活パーティーから始めれば、人件費をかけること
なくノウハウと経験を蓄積できますし、参加者が集まらなかった際の損失も少額にする
事が可能です。

この婚活パーティービジネスを始めるにあたって必要となる知識や作業内容などを手軽
に学べるように、新井ひとみさん(東京女子流メンバーとは別人)が「婚活パーティー
ビジネス開業マニュアル
」を公開しました。

婚活パーティーを開催する際にネックとなる集客やトラブルなく運営するためのコツに
ついても具体的に詳しく説明していますので、全くの未経験者でも無理なくパーティー
を主催できるようになります。

わからないことがあればメールサポートが用意されています。
あなた一人で悩み続ける必要はありません。

なお、婚活パーティーは人数が集まる都市部で開催する必要がありますので、あなたの
自宅が過疎地や限界集落でも、パーティー会場を都市部に設置すれば問題ありませんが
あなたが離島などに住んでいて船や飛行機などで移動する必要がある場合には、あなた
の移動コストが馬鹿になりませんので利益を出すことは難しくなります。

過疎地から市街地まで車で移動できるのであれば、それほど負担にもならないでしょう
し、パーティーが終わるのが深夜になっても帰宅できないといった心配はありませんの
で無理なく実践できるのではないでしょうか。

s-check2-2