appli02_red

少子高齢化が進む一方で、個人経営の学習塾の廃業が増加し続けているのにも関わらず
学習塾の数自体は今でも増え続けていることは意外に知られていません。

その理由として考えられるのは、

  • 大手有名塾の直営/フランチャイズ教室が大都市以外に一気に増えた
  • 一人の講師が大人数を相手に行う授業から個別/少人数制授業に切り替わった
  • 塾に通う子供の数が増え続けている

などがあげられます。

少子化が進んでいるのにも関わらず、塾に通う子供の数が増え続けているというのは、
何か矛盾しているように感じられるかもしれませんが、一昔前までであれば、学習塾や
個別指導などに通わせるだけ金の無駄などと考えていた劣等生や成績下位の学生の親御
さんが、少しでも学力アップさせるべく、子どもを学習塾や個別指導、家庭教師などに
通わせるようになった
という点が大きいでしょう。

このため、旧態依然とした個人経営の学習塾が淘汰される一方、現在のニーズに合った
学習塾であれば、大手塾のフランチャイズなどでなくても、個人経営で十分に生き残る
ことは可能ですし、近所に有名塾がやってきたとしても全く心配は不要
です。

あなたが学習塾経営者であれば、集客法や塾運営を変えることで、現在のジリ貧状況を
数ヶ月程度で改善できますし、一般的には「狂気の沙汰」などと考えられがちな学習塾
の新規開業も成功させることができます。

静岡県を中心に学習塾を経営する石嶌之広さんは、2004年に運送業者を退職して、
全くのゼロから個別指導の学習塾を始めたところ、最初の半年で集まった生徒はわずか
3名
と、あなたも予想していた通りの大失敗な状況だったわけですが、その後3ヶ月で
教室に入り切らないほどに生徒が集まり、授業のやりくりがつかなくなって臨時休講に
追い込まれた
というと驚くのではないでしょうか。

石嶌さんの学習塾は、その後も順調に拡大を続けて、通常の学習塾だけでなく静岡美術
造学院
などの専門的な大学や高校などを目指す学生向けの個別指導塾も経営するように
なったといいますが、ニーズに合った塾経営ができたからこそ可能なわけです。

この石嶌さんが行う塾運営の全てをまとめたのが「学習塾開業基本マニュアル」です。
個人経営の学習塾で成功するためのノウハウや手法がわかります。

2日間にわたって行われた同内容のセミナーの模様を3枚のDVDに収録しています。
また、セミナー後の最新の情報を説明した追加DVDとチラシDVDもついてきます。

s-check2-2