appli02_red

アダルトアフィリエイトでの集客法と言えば、

  • アンテナサイト/相互RSS
  • SNS
  • 検索エンジン
  • ランキング攻略
  • 騙しリンク

が一般的ですが、かつては当たり前のように行われていた騙しリンクは、サイト自体の
信頼を失いかけない上に、アンテナサイトなどと比べて効果が薄くなってきたことから
騙しリンクを見ることはなくなりました。

このため、アンテナサイトやSNSからの集客が主流になっていますが、アフィリエイト
で成約させることが難しい「薄い見込み客」ばかりですから、数の割には成約しないと
いう結果
になりかねません。

そこで、とりあえずやってきたサイト訪問者を相手にするよりも、自らの意志でやって
きたサイト訪問者
の方に対してセールスやマーケティングを行うほうが成果が出やすく
なるわけです。

この「濃い見込み客」を集める手法の一つが、検索エンジンからの集客です。

しかし、ただでさえ、検索エンジンのセーフサーチで非表示にされる上に、さまざまな
ペナルティによって、検索結果で表示される順位を落とされたり、非表示にされたりと
いった結果になりかねません。

特に画像や動画ばかりを貼り付けているサイトは検索エンジンとの相性が非常に悪く、
被リンクなどのSEO対策をしていないと、ほとんど上位表示されません。

そこで、専業アフィリエイターの近藤武さんが推奨するのが「官能小説」です。

フランス文庫などをイメージするとわかりやすいのですが、あまりに文学的すぎる表現
ばかりの官能小説だと効果はイマイチとしても、性的表現が自然に文章中に含まれます
し、文章量も多い上に、最後まで文章を読んでもらえやすい
といった具合にメリットが
数多く存在します。

このような「良質な記事」は検索エンジンからも高く評価されますし、サイト評価全体
も高まりますので、被リンクが少なくても自然と上位表示されやすくなるわけです。

しかし、あなたが官能小説を書けるだけの文学的才能がないからといって諦める必要は
ありません。

他サイトの官能小説をMSRなどのツールを使ったり、あなた自身でリライトするという
のは、著作権の問題をクリアできたとしても小説として読んでいても楽しくないという
結果
になりかねませんから、あなたがよほどの創意工夫を入れないと難しいでしょう。

外注ライターを運良く見つけられたら、官能小説の執筆を依頼すればいいわけですし、
見つからなかったとしても「アダルトコンテンツLNL」があります。

官能小説にありがちな独特の言い回しは使わず、性的用語をストレートに表現している
ことから、検索エンジンにキーワードが拾われやすいのです。

もちろん、アダルトコンテンツLNLで提供される官能小説は全員同じですから、単純に
コピペしただけだとコピーコンテンツとしてペナルティを課されます。
この対策もアダルトコンテンツLNLでは説明していますので安心です。

s-check2-2