appli02_red

会社員の新人研修での定番ネタの一つが議事録作成ではないでしょうか。

学級会などの時に作成したのと同じノリで書き上げて上司に見せると、説教されてやり
直しというのを何度も繰り返し、ようやく上司や役職者などの決裁を得て作成が終わる
と言ったケースは珍しくありません。

どうして、これだけダメ出しが多いのかと愚痴った経験もあるかもしれませんね。

このような無駄なやり取りをなくすために欠かせないのが「ビジネス文書スキル」だと
指摘をするのは、自立型ビジネスマン育成塾を主宰する金子誠志さんです。

ビジネス文書を作成する際に求められるのは、国語の作文能力ではなく、仕事で文章を
書く際に必要となる技術であり、文章を読んだ人が勝手に自分に都合よく誤解をしたり
事実を歪曲することがないように表現することが求められます。

それこそ、自分の金儲けのために、複数の文書の一部分だけをつなぎ合わせて、本来の
意味合いと全く異なる主張をする人も出てきますし、金銭面・責任面などのトラブルを
引き起こすことにもなりかねませんので、誤解する余地が無いように文章を作成する事
が求められます。

議事録だけでなく、普段のビジネスにおいてもビジネス文書スキルが求められるシーン
は少なくありません。

  • メールやSNSなどでの連絡
  • 提案やプレゼンテーションなどの資料作成
  • 進捗確認などの説明向け資料作成

「言った、言わない」で多額の金銭が動くこともありますから、特別な資料だけでなく
日頃の仕事で作成する文書などにおいてもビジネス文書スキルは必要不可欠です。

このビジネス文書スキルを学べる動画教材を金子さんが作成しました。

  • 構成力(文書の組み立て方に関する知識)
  • フレームワーク力(文書雛形の知識)
  • 見出し力(キャッチコピーについての知識)

を身につけられます。

s-check2-2