>>公開は終了しました<<

特にテレビ番組においては顕著ですが、平日は生放送の情報番組の放送時間が圧倒的に
増えていることから、ネタ不足が深刻化しているといいます。

大都市では人や情報が集まってきますので、まだマシなほうだとしても、地方都市とも
なると深刻で、特に、ローカルワイド番組が似たり寄ったりな内容になりやすいのは、
そもそも元ネタが乏しいから
です。

各地のラジオ局や新聞などでもネタ不足で悩む状況は変わりませんので、マスコミ各社
は常に独自ネタを常に探していることから、広告・宣伝ではなく「取材」という形式で
アピールすることは十分に可能
だというのは、「メディア登場実践会」を主宰する坂本
宗之祐
さんです。

坂本さんは、読売新聞記者、電通PRシニアコンサルタントという経歴をへて独立した後
に、現在は実践的な広報PRアドバイス・集客コンサルティングを個人事業主や中小零細
企業経営者・広報担当者などを対象に行っていますが、マスコミの取材の流れを知って
いれば、意外に簡単に実現できる
といいます。

坂本さんは全国各地でセミナーやコンサルティングなどの活動を行っていますが、それ
と並行して取り組んでいるのが「メディア登場実践会」という有料制オンラインコミュ
ニティです。

メディア登場実践会はFacebookのグループページを活用して、メディア取材を受ける
ために何をすればいいのかを学べるだけでなく、実践者による情報交換や成功事例など
も次々と書き込まれますので、大いに刺激になる情報が手に入ります。

メディア登場実践会は、あなたが抱えている不安や悩み、質問なども短期間で解決する
ことができますので、今まで費やしてきた広告宣伝費を大幅に削減できるだけでなく、
それ以上の成果を得ることも可能
となります。