appli02_red

アフィリエイトと比べてライバルが圧倒的に少ないのが「ネット仲介業」です。

広義的にアフィリエイトもネット仲介業に含まれますが、アフィリエイトがASPが間に
入って行われることが中心であるのに対して、ネット仲介業ではASPを介することなく
広告主と直接契約するという点が違います。

広告主からしても、ASPへの支払いが不要になる分だけ同じ広告費用でも報酬を増やす
ことができますのでネット仲介業のほうが1件あたりの報酬も増えますし、ライバルが
少ない分だけ簡略なコンテンツでも成果が出やすいという点がメリットです。

あなたがネット仲介業を行う上で必要な作業は以下の5点です。

  • 広告主となる店舗や企業と仲介契約を締結する
  • 提携した企業・店舗のサイトを作る
  • そのサイトにお問合せや注文が入ったことを確認する
  • 提携先にお問合せや注文の情報を流す
  • 売買成立を確認した後に仲介手数料を徴収する

アフィリエイトで言うところのASP機能も行うイメージですね。

しかし、これだけだと問題点がいくつも考えられますよね。

  • 提携先の企業や店舗を見つける方法がわからない
  • 提携先が独自にWebサイトやSNSなどを運営していた場合に断られそう
  • 売買成立を確認できないために、提携先に誤魔化されたら手数料が受け取れない

といったところが代表的な懸念事項だと思います。

アングルジム株式会社CEOの山本修久さんは、これらの問題を全て解決するための処方
箋を持ち合わせています
が、コロンブスの卵のように知ってしまえば意外に簡単なもの
ばかりですから驚くのではないでしょうか。

BtoCだけでなくBtoBのネット仲介ができるようになるち売上・利益ともに激増します。
それを可能にするのが「すぐに始める!ネット仲介かんたんビジネスツール」です。

s-check2-2