appli02_red

商売人や営業、接客であればもちろんのこと、組織に属している人であれば、組織内の
コミュニケーションは欠かせません。

しかし、いつも理不尽な目にあったり、なかなか言いたいことが伝わらずに困ったこと
もあったかもしれませんね。調整ごとなどは特に苦手ではないでしょうか。

価値観が異なる人と出会っただけでも気疲れしたり、一方的に押し切られて、嫌な目に
あったこともあるかもしれませんね。

生まれつきのコミュ障だからといって諦めているかもしれませんし、

自立型ビジネスマン育成塾長の金子誠志さんは、「コミュニケーションスキル」が低い
ことが原因だと指摘しますが、敢えて言われなくても痛感しているのではないでしょう
か?

コミュニケーションスキルの改善するための書籍や話し方教室などがありますし、既に
あなたも学習したことがあるかもしれませんが、実際のところ、期待したほどには改善
できなかった
のではないかと思います。

その原因として、金子さんはコミュニケーションの「一部分」しか学んでいないという
点をあげています。

コミュニケーションスキルを大きく分けると、以下の4種類に分類できます。

  • 話す力
  • 聞く力
  • 質問する力
  • 自己対話

つまり、傾聴し続けたところで話す力が低かったり、的確な質問ができなければ、話し
かけることが出来ずに一方的に聞き続けて、心の中で悶々とするだけで終わりますから
話している相手からすれば気持ち悪いだけです。

あなたは聞こうと思って努力しているのにもかかわらず、相手からは全く人の話を聞か
ない人といった正反対の評価を下しますし、聞く気がない人間に話すのは馬鹿馬鹿しい
ということで会話自体をやめてしまうのです。

さらに厄介なのは、会話術や話し方教室などで教わる機会が皆無に近い「自己対話」に
よる弊害です。

話し相手が全く思っていないことであっても、自分で勝手に自分を追い詰めていったり
ネガティブな方向にしか考えが深まらないというのは、自分への問いかけ方が間違って
いるのが原因
だと金子さんは指摘します。

長年の習慣でしみついたネガティブ思考を取り除くのは難しいといいますが、自己対話
をする時点で自分を追い詰めるような問いかけ方しか行わないように習慣化しているの
が原因です。天性のマゾと言ってもいいかもしれません。

もちろん、あなたがマゾだったとしても、改善することは可能です。

面白いほどわかるコミュニケーションスキル」を用いて、コミュニケーションの4つ
のファクターを全て改善すればいいだけです。

動画を見て学んでいけば、自然と実践できるようになっていきます。

s-check2-2