appli02_red

リライトツールを使うには、膨大な辞書登録が必要
というのが一般的な認識です。

しかし、この辞書登録の作業には手間と時間が必要なことから、特にリライトツールに
なれていない初心者にとってはハードルが高いもの
となっていました。

この辞書登録作業の手間を大幅に削減できる「リライトビルダー」が役立ちます。
辞書登録に欠かせない類義語をリライトビルダーが自動的に集めてくるからです。

リライトしたい文章を用意して、リライトビルダーを起動して文章を読み込ませた後に
「類義語収集」ボタンをクリックするだけで類義語自動収集機能が起動し、その文章に
含まれる単語にあった類義語を自動的に収集して辞書に登録していきます。

この類義語自動収集機能を必要に応じて行うことでリライトの精度が向上できるだけで
なく、辞書の精度も向上していきますので、文章のジャンルを気にする必要はなくなり
ます。

リライトビルダーは全自動リライト・半自動リライト、および、手動でのリライト補助
に対応
しています。

自動リライトを行った後、文章の品質に問題を感じたのであれば、再度、手動/半自動
リライトを行うか、自動リライト後の文章を手作業で修正するといいでしょう。

また、文章のボリュームを増やすことを目的とした「逆要約機能」も搭載しています。
逆要約とは、その文章から何が言えるのかを簡単にまとめる機能のことです。

検索エンジンに評価されるためには、ある程度の文章量があることが必要になってきま
したが、どうでも良い文章を追加したところで「賑やかし」でしかなく、記事の品質を
上げる効果は期待できません。

そこで、逆要約を追加することで、文章全体の意味合いを理解しやすくするということ
で、手間を掛けずに記事の品質を向上することができる
というわけです。

s-check2-2