>>公開は終了しました<<

オンラインで集客する際に、何が最も効率的なのか正解を出すのは難しいものです。

一口にオンライン集客といっても、

  • 検索エンジンからの自然検索
  • 動画(YouTubeなど)
  • PPC広告(リスティング、ディスプレイ)
  • SNS広告(twitter、Facebookなど)
  • SNS(twitter、Facebook、LINE@など)
  • メールマガジン
  • アフィリエイト広告主としてアフィリエイターをこき使う

などのように数多くの手段が存在します。

これらの集客手段に対する情報が氾濫している上に、個人の経験や限られた調査結果を
もとにして、これがベストなどと断定的に結論を出す個人や業者が少なくありません。

その上、意外に盲点となっているのが「集客先」です。

さまざまな手法を用いてアクセスを集めてきても、売上につながらなければビジネスに
おいては意味が無い
からです。

それぞれの集客手段から決済画面に移動させるというのは労力を考えると非効率ですし
メインサイトの特定のページに誘導して決済画面に遷移させようと思っても、訪問者が
サイト内の他のページに移動する可能性があることから、離脱率を高めるという点では
好ましくありません。

そこで、西澤颯集客事務所代表の西澤颯さんはランディングページに誘導してから決済
させることを推奨しています。

ランディングページというと、縦長のペラページ形式は現代のネットマーケティングに
おいては不適切だという指摘をする人もいますが、ケースバイケースで判断すればいい
のであって、悪者探しして不要などと一方的に決めつけるものではありません。

ランディングページよりもマイクロサイトにする方が成約率・反応率が高い場合もあり
ますし、リスト登録フォームを用意してステップメールでDRMを仕掛けたほうが効果的
な場合もあるからです。

これらの中で手軽に始められて、改善の余地はあるかもしれないとしても、それなりの
成果を出してくれるランディングページから始めるというのは悪くない選択肢
です。

しかし、自力でランディングページを書くのは面倒なものです。
ページのデザインはもちろんのこと、成約させるための文章力も求められるからです。

今までにランディングページを書いた経験がないと、何から手を付ければいいのか困る
のではないでしょうか。

ブログやSNSに記事を書く感覚で取り組んでも、想定通りの結果は得られません。

そこで、西澤さんが3ヶ月かけて行う「オンライン集客短期集中コース」が役立ちます。
先着20名限定のオンラインスクールです。

ランディングページの運営を中心としたオンライン集客システムの構築方法を学ぶこと
ができます。

ランディングページが書けないために挫折しないように、最初のランディングページは
西澤さんが提供するサービス「LUMINOUS」で完全無料で作成代行してくれます。

このため、オンライン集客の勉強と実践から始めることが出来ます。