appli02_red

メルカリやフリル、ラクマなどのフリマアプリを使った転売・物販メソッドがブームに
なっている印象ですが、何よりも売れるまでの時間が短く、入金されるまでの待ち時間
もamazonやヤフオクと比べると短い
という背景があります。

また、利用者数はヤフオクよりもメルカリのほうが多いという状況ですから、出品した
商品の売れやすさという点から考えても無視できない選択肢となっています。

メルカリを利用した稼ぎ方やツールは数多く存在しましたが、2016年末に行われた
システム変更に伴って全く使い物にならなくなったケースが続出
しました。

このため、ツールは販売中止、マニュアルやスクールなどはフリルやラクマなどに移動
せざるをえなくなったという悲惨な状況を迎えたわけですが、藤原悠輔さんはツールを
使わないために影響を受けなかっただけでなく、ライバルが減ったことから逆に好都合
だといいます。

藤原さんはメルカリ等を使った無在庫転売手法で毎月100万円以上を稼いでいますが
リサーチから出品までの所要時間は1品あたり約2分、転売益は1品あたり2000円
以上
といいますから効率の良さがわかると思います。

ツールを使わなくても、これまで短時間で転売益が見込める商品を見つけて、出品する
ことが可能です。

仕入元はamazonなどのネットショップです。
仕入元が多いほど、出品可能な商品数も増えますので、どこかのノウハウのように特定
の仕入元だけに制限するようなことは行いません。

しかし、無在庫転売で最も注意しないといけないのが、仕入元の在庫切れです。

せっかく注文が入っても仕入れができなければキャンセルせざるを得なくなることから
購入者からの評価は低くなりますし、アカウント凍結や強制退会の原因にもなります。

かといって、割高な仕入元から無理に仕入れて赤字になるのも避けたいですよね。

藤原さんが行っているフリマアプリを使った無在庫転売手法と、このようなトラブルを
未然に防ぐためのノウハウをまとめたマニュアルが「フリマ物販メソッド」です。

未経験者・初心者でも実践できるように、わかりやすく説明されています。

メルカリなどで複数アカウントを取得して、外注に作業をさせることで売上・利益とも
に一気に増やすことが可能
になりますが、ノウハウや外注管理が甘いと、利益が増える
どころか赤字になりかねませんし、不届きな外注が泥棒や詐欺まがいの行為をやらかす
おそれもあります。

もちろん、犯罪行為に関しては警察に通報すればいいわけですが、金銭的な損失および
アカウントへのマイナス評価などの被害は取り戻すのは不可能に近いことから、フリマ
物販メソッドでは安くて良質な人材の確保の仕方やトラブルを防ぐための方法論などを
学ぶ
ことが出来ます。

このノウハウを知らないと、下手をすれば、あなたが犯罪加害者になりかねませんので
注意が必要です。

s-check2-2