kantan

appli02_red

おそらく日本で一番簡単な情報起業の本まとめ

  • 需要がある・人が知りたい知識を持っていれば情報起業すればいい
  • 多くても数万円程度の資金で起業が可能
  • 情報起業に必要な作業を一通り学ぶことができるマニュアル
  • PC・スマホ向けセールスレター作成ソフト付き

おそらく日本で一番簡単な情報起業の本検証

ネットビジネスと言うと、アフィリエイトやせどりを思い浮かべる人が多いのですが、
情報商材や電子書籍を作成して販売を行う情報起業も存在します。

amazonキンドルなどの電子書籍スタンドに出品するのであれば、市販の書籍並の価格
にしたほうがいいと思いますが、通常の紙媒体の書籍と比べると印税率がはるかに高い
こともあって、意外に売れるという印象を持つ人も少なくありません。

アマゾンキンドルに何冊か電子書籍を出版して、毎月10万円以上を安定的に稼ぐ人も
いるほどです。

一方、情報商材というとマイナスイメージばかりが目立ちますが、未だにまともに実践
できない悪質な内容のものが存在しているとしても、全体的にはまともな内容のものが
増加しており、自分に合うかどうかという点で効果が決まるケースが増えてきました。

自分に合う参考書や問題集であるかどうかの違いといったところですね。

また、情報商材としてイメージしがちなアフィリエイトやせどりなどのビジネス系や、
FXや株式などの投資系以外にも、学習やスポーツ、健康や恋愛など、幅広いジャンルの
ものが公開されていることから、あなたの得意分野の知識を電子書籍や情報商材として
発売すればベストセラーになれるかもしれない
のです。

書店で売られている本を見れば分かるように、明らかな専門家しか出版していないわけ
ではなく、マニアレベルであれば誰でも知っているような当たり前の内容しか書かれて
いないものも意外に多いですよね。

マニアにとっては常識でも、素人からすれば全く知らないというケースは決して珍しく
ありませんし、そのような人に向けての需要は確実にあるわけですから、他の人が書籍
などでまとめていなければ、あなたが参入すればいいわけです。

出版社の場合には、ある程度の数が出ないと原稿を受け付けてくれませんが、電子書籍
や情報商材を使った自費出版の場合、初期コストは多くても数万円程度、その後は売上
に応じて手数料を支払うという形式ですから、手軽にはじめられるのです。

この情報起業の仕方をまとめたマニュアルを技術英語翻訳の情報商材を販売していると
いうきょん☆しーさんが公開しました。

s-check2-2