appli02_red

インターネットから集客しようと思ったら、以下のような方法が考えられます。

  • Webサイト
  • ブログ
  • メールマガジン、ステップメール
  • SNS(twitter、Facebook、LINEなど)
  • 動画(YouTubeなど)
  • PPC広告(リスティング、ディスプレイなど)
  • SNS広告(Facebook広告・Twitter広告など)

しかし、ブログやサイトはSEOの効果が出るまでに時間がかかりますし、SNSを使った
集客はフォロワーの数が増えないと十分な効果が期待できません。

広告費が必要な手法はハードルが高いと思う人もいるでしょう。

そこで、クールオープニング.ラボの岩崎慎太郎さんが、短期間でコストを掛けずに集客
するのに最適な方法として提案するのが「電子書籍出版」です。

集客と電子書籍に何の関係があるのか?
と疑問に感じたかもしれませんし、書籍を作成するのは大変だから、自分には無理だと
思っているかもしれませんね。

電子書籍は紙の書籍とは根本的に異なり、安定して売れる電子書籍を作成するのは個人
レベルでも意外に簡単
です。

電子書籍を作成するにあたってベストセラーを狙う必要は全くありません。
メールアドレスのリストを取得することが最大の目的だからです。

リストが手に入ればマーケティングやセールスを行うことができます。
リストを獲得するための手段は他にもありますが、コストを掛けずに集められるという
点ではベストなのです。

また、書店や図書館にある書籍独自の魅力的な言い回しや絶妙な表現などは一切不要で
情報を提供するだけで十分ですからライティングスキルは求められません。

電子書籍を販売するにあたっては、集客力の高い販売店を用いるのがベストです。

現在は「amazonキンドル」がダントツの利用者数を誇っていますので、利用しないと
いうのは考えられません。

もちろん、amazonキンドルと並行して、楽天コボやiBooksなどを利用するのも効果的
ですが、amazonは絶対に外してはいけません。

s-check2-2