appli02_red

保険営業は、不動産営業や証券営業などと同じく、退職率が高い職業の一つとして有名
です。

その原因としては、やはり、契約が取るのが難しいという一言でしょうか。

給料が下落するのに伴って、保険料の支払いを減らしたいと考える人が増えていますし
資金的に余裕があっても無保険でも困らないと考える傾向が一般化しつつありますので
全くのゼロから契約させるよりも、既存の保険契約を解約した上で見直しさせるほうが
稼ぎやすいという状況も大きいでしょう。

ショッピングモールや商店街など、保険を見直すことを目的とした店舗が増えています
ので、従来のスタイルでの保険営業が難しくなっていることは言うまでもありません。

このような厳しい状況で、保険営業が営業成績をあげようと思ったら、テレアポの件数
を増やしたり、飛び込み営業の件数を増やすという方法では成果が出なくなっています
し、セールストークを変える程度の小手先の対策では、根本的な変化に対応することは
できません。

そこで、保険セールス研究会代表の大倉誠さんは、抽象的な正論やキレイ事では意味が
ないのは当然だとしても、だからといって違法スレスレな危ない橋を渡ればいいなどと
無責任な事を言うわけでもありません。

最低ここだけおさえれば営業成績に悩むことはなくなるというポイントをおさえた上で
実践すれば、違法なことをしなくても短期間で営業成績を一気にあげるのは可能
です。

このポイントを学べるのが、保険営業「成功の黄金律」です。
法人営業は対象外です。あくまでも対個人の保険営業が対象です。

営業成績をあげる妨げとなるメンタル面の問題はもちろんのこと、知っているのと知ら
ないのとでは根本的な違いが出ることも珍しくないセールスノウハウについても学べる
マニュアルです。

s-check2-2