appli02_red

かつては、セールスレターを書くのは情報商材販売者しかいない状況でした。

しかし、ネットビジネスの成長に伴って、情報商材販売者以外に、一般的な通販業者や
メーカーなどでもネット通販などを行う際にセールスレターが必要となる機会が増えて
きました。
更には、販売だけでなくサービス業や専門職の人などが集客するためにセールスレター
を活用するシーンが出てくるなど、適用範囲が広がっています。

このような状況であることから、どのようにセールスレターを書けばいいかわからずに
悩んでいる人が増加
しています。
あなたも効果的なセールスレターが書けずに困っていると思います。

セールスレター作成が厄介なのは、国語の授業が得意だったら、そのまま優秀な文章が
書けるとは限らない
という点です。

作文や論文を数多く書いてきたから得意だとか、常にテストでは高評価だったから楽勝
などと思っていると、いつまでたっても売れない・読まれないセールスレターしか書く
ことができません。

セールスレターは、作文や論文などとは異なり、商品を売ったり、申込をするといった
具合に読者が行動を起こすことが目的
ですから、何より「読む気」が失せるような文章
を書くのは論外ですし、起承転結や序破急といった文章の流れよりも、わかりやすさや
興味をもつように文章を作成する必要があります。

全体的なデザインだけでは成約率や反応率をあげることは出来ません。

セールスレター制作業者を経営する三浦圭子さんは、セールスレターを活かすためには
以下の2つのポイントが重要だと指摘します。

  • キャッチコピーのインパクト
  • レター本文の読みやすさ

最初のインパクトが弱いと読む気が失せますし、文章の流れに違和感を感じると簡単に
離脱するものです。

そこで、好反応が得られるセールスレターを作成するために必要な知識が得られるだけ
でなく、必要に応じてセールスレターの添削(3回まで)も受けられるサービスが用意
された「成約につながりやすいセールスレターの書き方」を三浦さんが公開しました。

専用のライターが作成したセールスレターは素晴らしいことは言うまでもないとしても
商品・サービスなどのメリットを熟知したあなたがセールスレターを作成することで、
ライターが勉強しても把握できないポイントも表現できるようになり、大きな差別化を
はかれる
のです。

s-check2-2