appli02_red

SEOは日々複雑化しています。

googleの評価基準は数百個以上あることから、検索エンジンを担当するgoogleの社員
でもすべての対策を完璧に行うのは不可能だというほどにブラックボックス化している
わけですが、大きく分けると以下の2つに集約されると説明しています。

  • コンテンツ
  • 被リンク

コンテンツさえ重視していれば被リンクは必要ないと言われていた時期もありましたが
人為的な被リンクをしなくてもコンテンツの質が高ければナチュラルリンクが増えると
いう前提にたっての話であり、被リンク自体が不要だという考え方は誤りだと指摘して
います。

だからといって、従来のように被リンクさえつけておけば上位表示が達成できるという
わけではなく、ペンギンアップデートが自動更新化されたように人為的な被リンクには
ペナルティを課す方針には変わりありません。

さらには「低品質コンテンツ」「低品質なサイト」とgoogleが呼んでいるコンテンツ
に対してパンダアップデートやペイデイローンアルゴリズム、クオリティアップデート
などのペナルティを課すだけでなく、人間が実際にコンテンツを確認してペナルティを
課すケースもあります。

だから「高品質コンテンツ」を作成すればいいと結論付けるのは簡単でも、実際に何が
品質の高いコンテンツなのかという具体的な説明がない
ことがSEOを難しくしています。

それこそ、他サイトからパクってきて簡単なリライトをしただけのコピペコンテンツが
上位表示を維持しているケースもありますし、オリジナルコンテンツを何百記事と掲載
したのにも関わらず手動ペナルティを課されてしまったというケースも実在します。

手動ペナルティの場合は申請を出すことで解除される場合も珍しくありませんが、自動
的にペナルティ課された場合は、根本原因がわからない場合も少なくないため、非常に
厄介です。

そこで役立つのが「たった43ページの本物SEOマニュアル」です。

「ホームページ制作F」代表の望月聡さんが実際に検証を重ねた結果、googleで上位
表示するために必要なポイントを43ページというコンパクトなマニュアルに具体的に
まとめています。

googleでもわからないものが零細業者ごときにわかるわけがないだという批判があり
ますが、「すべての対策を完璧に行うのは不可能」なのであって、特定のキーワードで
上位表示するために何をすればいいかという限られた範囲内においては、望月聡さんが
長年にわたって試行錯誤を行い、最新情報を積極的に取り込んで研究を重ねてきた成果
が全て反映されていますので心配は不要です。

実際に、「たった43ページの本物SEOマニュアル」実践者は上位表示を達成しており
ビジネスサイトで売上・利益を上げることに成功
しています。

s-check2-2