appli02_red

会社をやめた後に、失業状態でも金銭面の心配がいらない方法といったら、誰もが思い
浮かべるのが、失業保険(雇用保険失業給付)や生活保護ではないでしょうか。

しかし、失業保険を受け取るためには仕事を探す必要が有ることから、普通に転職活動
に取り組んでいれば問題ないとしても、何もしないで楽してお金をもらいたいという人
にとっては、求職活動そのものが苦痛に感じられる
かもしれません。

一昔前までは、ハローワークにある端末で求人票を調べるだけでも「求職活動」として
認められていましたが、今では通用しませんので、希望企業に応募を行った後、採用・
不採用の通知を受け取らないと実績として認められません。

生活保護に関しては、相変わらず「水際作戦」と称して、申請すらさせてくれない地方
自治体が少なくありませんし、申請ができても実際に受けられるかどうかは別問題です
から、圧力団体などの口利きが合ったほうが有利などと言われる状況は変わりません。

そこで、伊東知隆さんが生活費程度の収入であれば、一生は無理だとしても1年半から
2年程度は安定的に受け取れる方法
をマニュアルにまとめました。

それが「会社を辞めて不労所得で生活する法」です。

あなたが自己都合で会社をやめたとしても全く心配ありません。

3ヶ月間の待機期間を待つこと無く、書類を提出することで失業保険を受け取れるよう
になりますし、収入が少なかろうが問答無用で徴収していく税金を合法的に減らすこと
ができます
ので、支出が減れば実質的な手取りは増えていきます。

納税額が減ることに対しても地方自治体は危機感を抱いていますので、住民が無知なの
をいいことに平気で嘘をつく役所の職員が少なくありません。
税金泥棒が言い放つ嘘に騙されることがないように、合法的に節税できる対策について
詳しく解説していますので安心ですね。

さらには、金銭負担ゼロで保険料を払わなくても年金がもらえる方法があります。
知らなければ支払わないから年金が受け取れないという結果になるだけですから、同じ
金銭負担ゼロでも雲泥の差と言えるでしょう。

s-check2-2