appli02_red

YouTubeを使って稼ぐ方法として、数多くの人がさまざまな手法を提案していますし
作業を効率化するためのツールも公開されています。

しかし、YouTubeアドセンスをはじめとした実践者が増えていることもあって、後発組
になるほどに稼ぎづらくなっている状況
です。

もちろん、独創的なアイディアを駆使した動画を作成したり、圧倒的な作業量や人員を
投入して一気に売上を上げている人もいますが、片手間で手軽に稼ぐといったイメージ
とは程遠くなっているのもまた事実です。

そこで、再現性の高いYouTubeノウハウを次々と提供してきた実績のある小西和夫さん
は、これまでのように日本国内のYouTube視聴者だけをターゲットにするのではなく、
外国人視聴者をターゲットにした方がいいとアドバイスします。

外国人というと、人口が多い中国をターゲットにしようと思う人もいるもしれませんが
中国国内からYouTubeの閲覧が出来ない(VPN経由であれば可能だが規制が多い)と
いうのは有名な話です。

そこで、同じく人口が非常に多いインドを含めた英語圏をターゲットにしたほうがいい
と小西さんは言います。

日本人を相手に作成した動画だと数百回程度しか再生されなかったとしても、英語圏を
ターゲットにすることで再生回数が5桁、6桁と激増
することは珍しくありません。

英語ができないから無理
だと思って諦めているかもしれませんが、英会話をするわけではありませんのでリアル
タイムで英語を話せる必要はありませんし、翻訳サイトを使うことで、それなりの品質
の英文が出来上がりますから、違和感を感じる部分を修正して動画に英文を載せるだけ
で簡単に完成
できます。

英語以外の言語でも同じ手順で動画を作成できますから、ネイティブスピーカーが日本
よりも多いスペイン語やアラビア語などの知識があれば作成するといいでしょう。

しかし、手当たり次第に動画を作成してアップロードしていっても、何が当たりか判断
するまでには膨大な試行錯誤が必要
になります。

それこそ力作業ですから、膨大な作業量をこなせるだけの人材や労力、作業時間が確保
できれば努力するといいとは思いますが、なかなか難しいのではないでしょうか?

そこで役立つのが「Gyaku Tube」です。

s-check2-2