appli02_red

文字で情報を伝えるのであれば、コピーライティングは必須スキルです。

あなたもセールスレターやランディングページなどを書いた経験があれば納得できるの
ではないでしょうか。

文章で商品やサービスの価値を伝えて販売するスキルが低いと、売れないセールスマン
と何ら変わりませんし、ライティングスキルが高いということはトップセールスと同じ
意味
になります。

商品を販売するサイトやメルマガの場合、文章の内容だけでも成約率や反応率が2倍、
3倍と変わる場合は珍しくありませんし、利益で言えば10倍、100倍といった水準
で変わってきます。

コピーライティングのスキルを高めるためには何を勉強すればいいのでしょうか?

あえて、読者に印象づける場合に用いる場合を除けば、誤字脱字があると文章を書いて
いる人の知性が低いと判断されますし、何を言っているのかさっぱり分からない文章
並べたところで、途中で読む気を失ってしまうだけです。

書店に行けばコピーライティングに関する書籍は数多く並んでいますし、今すぐ役立つ
コピーライティングといった言葉が踊るWebサイトやブログの記事も検索すれば簡単に
見つけられます。

しかし、Webマーケティングを行う「株式会社Catch the Web」を創業した横山直広
さん(現在はマレーシアのグループ会社で海外売上の拡大に貢献)は、コピーライティ
ングの書籍などでライティングテクニックを学んだところで、表面的な薄っぺらい知識
が増えるばかりで、本質的に役立つものではない
と指摘します。

横山さんは「コピーライティングの本質」として、以下のポイントを上げています。

  • マインドセット
  • コンセプト
  • ライティングテクニック

ライティングテクニック自体が不要だと言っているのではなく、テクニックだけで改善
しようとするのが間違いだと指摘しています。

そこで、コピーライティングによって、商品やサービスが持つ本来の価値をしっかりと
伝えることができるようになるための方法論を、横山さんが「Catch the Writing
という教材にまとめて公開しました。

反応が取れるコピーを書くためには
マインドで8割キマる

という意味がわかります。

s-check2-2