appli02_red

Webサイトを訪れるユーザーの動向を分析しようと思ったら、アクセス解析に頼るのは
日を追う毎に難しくなっています。

その理由として、アクセス解析ツールで表示される結果というのは、分析が必要な情報
のうち、わずか5%しか得られない
からだと指摘をするのは、ケーツースタイルの本田
和彦
さんです。

本田さんはビジネス向けWebサイトのコンサルティングを企業や個人事業主などを相手
に行っていますが、googleが提供している「Googleアナリティクス」であったとして
も得られる情報は不完全なもの
でしかありません。

例えば、アクセス解析ツールで表示される「検索キーワード」の数が異常に少ない事に
気づいたのではないでしょうか。

日本国内で使われることが多いgoogle、Yahoo!Japanの両方とも暗号化通信をするよう
になったことから、従来であれば簡単に取得することが出来たキーワード取得が完全に
できなくなりました。

Bingでは部分的に取得できるそうですが、暗号化通信の比率が高まっていることから、
将来的にはgoogle、Yahoo!Japanと同様にキーワード取得が不可能になる見込みです。

その結果、現在では5%と言われている割合がゼロになるのは時間の問題です。

そこで役立つのが「Googleサーチコンソール」です。
かつては「googleウェブマスターツール」と呼ばれていたものが名称変更で今の名前と
なりました。

googleが検索結果の情報を提供する唯一のツールですから、検索キーワードを確認する
ためには欠かせません。

Googleサーチコンソールは検索されたキーワードを確認するだけでなく、サイト構造の
エラーであったり、手動ペナルティが課された際の連絡や解除申請なども行えますので、
利用しないのはもったいないと言わざるを得ません。

しかし、Googleサーチコンソールの使い方がわからないと十分に使いこなすことができ
ませんが、ヘルプを読んでも理解できなかったり、Webサイトなどで親切な人がまとめた
情報を見聞きしても十分に理解できない場合もあります。

googleでもGoogleウェブマスター向け公式ヘルプフォーラムを開設していますが、何を
聞けばいいのかわからないような状況では質問のしようがない
と思います。

そこで役立つのが、本田さんが作成した「Googleサーチコンソール活用術」です。

Googleサーチコンソールの設置の仕方から活用法まで、専門用語を可能な限り減らした
上で、動画でわかりやすく説明しています。
難しいと感じる人が多い「Googleアナリティクスとの連携」も詳しく説明しています。

s-check2-2